奇跡の人~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

生後19ケ月で、熱病により目が見えず、耳も聞こえず、

言葉も喋れなくなってしまったヘレンケラー。

ヘレンを受け容れてくれる学校はなかった。

家庭教師を探していた両親。

障害者学校で自身も盲目を克服し、学業成績トップのアニー・サリヴァンが派遣される。

まだ教師の経験はなかったサリヴァン。

サリヴァンは、犬以下の、しつけされていない7歳の少女ヘレンに、

しつけをしようとするが、物はこわす、噛んだり、ぶったりする。

テーブルに座って食べるように、つけしようとするがうまくゆかない。

両親が甘やかしているのだ。

一人ヘレンに厳しくしていると、先生を完全に拒否するようになるヘレン。

教師アニー・サリヴァンは一大決心をする。

自宅の離れの狩場に使う家でサリヴァンとヘレンの二人で暮らす。

両親の猛反対を、期限は二週間という条件とした。

連れてこられて先生の顔をさわるなり、暴れてしまうヘレン。

自分で着替えができないと、食べさせない。

動物のしつけと同じ。

手話も上達する。

二週間がきて、まだ不十分と判断したサリヴァン。

手話がコミュニケーションをする言語だと、まだ理解していないのだ。

あと半週間と両親に頼むが、聞き入れられなかった。

両親のもとに帰るヘレン。

すると元の、犬以下の行儀を知らないヘレンに戻る。

水差しを壊すヘレン。

両親の反対を押し切って、水差しを壊した罰に朝食なしにして、

先生は井戸にヘレンを無理やり連れて、水を水差しに入れようとする。

水に触れたヘレンは、「WATER」と言う。

手話が言葉であることを理解するヘレン。

ヘレンに奇跡を起こしたのは先生の熱意だった。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line