愛怨峡~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

信州で旅館の女中をしているおふみは、旅館の若旦那・謙吉と深い仲になるが、

謙吉の父親に結婚を許してもらうことができず、二人で東京へ駆け落ちした。

しかし謙吉は働きもせず、貧しい生活に耐えきれず実家に戻ってしまう。

謙吉の子供を妊娠し一人残されたおふみは、

流しのアコーディオン弾きをしている芳太郎の世話になり、

子供が生まれると里子に出した。

吉本興業で、おふみは芳太郎と漫才コンビを組み地方を訪れた際、謙吉と再会する。

里子に出した子供もひきとり、地方公演に連れていた。

謙吉は謝罪して、おふみに求婚する。

おふみは断る。

芳太郎を愛していると言うおふみ。

芳太郎はおふみの幸福を考えて、謙吉と一緒にするために、おふみを振ってしまう。

おふみは子供のためにも謙吉と一緒になろうとするが、父が再び猛反対して、

芳太郎との漫才コンビに戻るおふみ。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line