FC2ブログ

オール・ユー・ニード・イズ・キル~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

近未来。

地球は宇宙からの侵略者により、滅亡の危機にあった。

人類側の統合防衛軍は敵の強大な戦力に対して劣勢な戦いを強いられていたが、

「ヴェルダンの女神」の異名で知られる英雄リタの活躍によって反撃の糸口を掴み、

機動スーツと呼ばれる歩兵用パワードスーツの投入によって、反撃に出る。

報道官・トム・クルーズ少佐は、作戦を指揮する将軍から戦場の現地取材という任務を命じられるが、

危険な任務から逃れたいトムは拒否する。

将軍の不興を買って降格され歩兵として最前線に送られてしまう。

戦況は圧倒的に劣勢で、トム配属のJ分隊や、英雄リタも次々と戦死していく。

武器が使えず逃げ惑うトムは最期に襲われて死にそうになり、死を覚悟して、

自爆用地雷を使い、青白く輝く虫のような姿をした宇宙人と相打ちになって死亡する。

死亡した瞬間、トムは出撃前日まで戻るという現象を体験する。

何度戦死しても、出撃前日に戻るタイムループに、はまったことに気付く。

理由は分からないながらもループする戦場で生き残るため、

トムは敵の攻撃パターンを覚えて戦い、リタが死ぬはずの運命も助ける。

その際にリタから、彼女も以前タイムループになった経験があり、

今はその能力を失っていることを告白される。

リタによれば、タイムループを宇宙人が利用しているという。

トムは最初の戦いにおいて、ループ機能(青い液体)を持った宇宙人と相打ちになり、

偶然に液体を被ったことで、宇宙人からループ能力を奪って身につけたのだった。

ループに気づいて研究しているカーター博士は

「オメガ」と呼ばれるタイムループを持つ女王蜂のような個体を、

探し出して敵のループを止める必要があること、

輸血を受けるとタイムループの能力は失われてしまうことを告げる。

何度もループして試行錯誤を繰り返すが、オメガの居場所がわからない。

カーター博士は、オメガの居場所を探知する機械を作るが、将軍に取り上げられてしまう。

トムはタイムループを繰り返し、将軍から機械を奪取。

オメガの居場所がパリのルーヴル美術館にあるガラスのピラミッドの地下であることを突き止める。

しかし、将軍から奪取して逃走中に大怪我を負ったトムは輸血を受けたことにより、

タイムループの能力を喪失してしまう。

二度と失敗はできないという状況の中、英雄リタが現われて、

それまで非協力的であったJ分隊を味方につけ、パリへと乗り込む。

宇宙人の防衛も手厚く、J分隊の隊員たちは次々と戦死し、

リタは「もっと知り合いたかった」と言葉を残して死ぬ。

トムは死力を尽くして戦い、オメガと相打ちとなる。

死の直前、再びオメガの青い体液を浴びたことからループ能力を再獲得し、

将軍と出会って地位を剥奪される直前の時間まで戻る。

地位を回復したトム少佐がリタと再会する場面で映画は終わる。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line