fc2ブログ

マッチスティック・メン~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

詐欺師ニコラス・ケイジはオレオレ詐欺的な犯罪で、

庶民から巻き上げた多額の金を、銀行でなく金庫に貯蓄していた。

強迫性障害を患っていて、医者からの処方された薬で平静を装っていたが、

医者がいなくなり、薬がなくて、パニックとなってしまう。

彼を心配した詐欺相棒のフランクは、精神分析医のクレインを紹介する。

ケイジはクレインの元を訪れ、診断を重ねる内に、

障害は十年以上前に妻と離婚したことが原因であると言い出す。

そしてクレインから、ケイジの娘がいること知らされる。

クレインはケイジに、現在14歳になった娘のアンジェラと会うことを薦める。

ケイジは自分の娘と会うと、父性にめざめてしまう。

その後、母と喧嘩したと言われて、ケイジと暮らし始める娘。

急な詐欺の仕事で、ケイジが詐欺師であることが娘にわかってしまう。

娘から詐欺を教えてほしいと言われて、宝くじ当選詐欺を二人で実行。

庶民から金銭を騙すが、なぜか父親として盗んだ金は返せと言う自己矛盾。

その頃ケイジは詐欺の相棒が持ってきた置き換え詐欺が進行していた。

予定が狂って、詐欺に一人必要になり、急遽、娘を使うケイジ。

約一千万の置き換え詐欺に成功する。

ケイジはこのままだと父親として情けないと思い、詐欺師を引退して、

正業について、娘の親権を得ることを決める。

引退したある日、置き換え詐欺をされた男が自宅に侵入。

男に手錠された相棒も連れてきていた。

普通の詐欺師ならば、引退したら、引っ越しするのが当たり前。

なぜか引っ越ししていなかった。

娘が発砲して男を撃ってしまう。

相棒に頼んで娘を州境のホテルに隠れるように頼むケイジ。

ケイジは自分が撃ったことにして娘をかばうことにして、

死体処理に自宅に戻ると、いきなり誰からか殴られて気絶する。

気が付くと、病院のベッド。

刑事が娘をどこに隠したと質問する。

拳銃から娘の指紋が検出されたという。

黙秘するケイジは、精神分析医のクレインを呼んで、刑事に知られないように、

娘に金庫にある金を渡してほしいと、パスワードを教える。

その後も、入院しているケイジはエアコンが切れていることに気づき、

ドアを開けて病院関係者に訴えようとすると、ここは病院ではなくて空き家のビルだった。

あわてたケイジは外に出て、銀行の金庫をあけると、金はなくなっていた。

それで離婚した元妻に会いに行くと、あなたとの子は流産していて、存在しないことがわかる。

精神分析医のクレインと相棒らの複数による詐欺にケイジがはめられたのだ。

ケイジが得意としているオレオレ風詐欺だ。

一年後、正業についたケイジはアンジェラに遭遇。

詐欺から足を洗っていたアンジェラは謝罪する。

ケイジは「お前は盗んでいない。あげたんだ」と言う。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line