FC2ブログ

アビエイター~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

時代は1920年代。

ハワードヒューズは父から受けた莫大な遺産を元手として、映画製作を開始。

飛行機空中戦映画『地獄の天使』の製作には、

史上空前の莫大な予算400万ドルを費やして3年がかりでようやく完成させた。
会社を抵当に入れるほどで、
カメラを30台使用して、撮影テープは560万時間だそうだ。

ヒューズは映画制作の傍ら、キャサリン・ヘプバーンやエヴァ・ガードナー、

ジーン・ハーロウなどのハリウッド女優やセレブリティらと浮名を流す。

彼は自らの趣味をかねて新人女優(その多くが胸の大きな女性であった)を発掘し、

自分で食べて育て上げる手腕に評価が高かった。

タバコも酒も飲まないので楽しむのはセックス。

彼の資産は「地球上の富の半分を持つ」と言われた。

潔癖症の母親の影響もあり、青年時代から伝染病、

不潔なものへの嫌悪感の強く、

常に石鹸を持ち歩き病的なまでに手を洗浄する。

==

キャサリン・ヘプバーン(ケイト)との恋愛が展開する。

彼女の飾りのないストレートな性格が魅力で、夢中になるヒューズ。

自ら飛行機を操縦して夜間飛行で、ケイトとデートする。

ケイトは男まさりの性格で、自らセックスを要求する。

ヒューズはケイトに「野ネズミさん」とあだ名する。

両親は死に天涯孤独なヒューズをケイトの実家に連れていくと、

ケイトの元夫がいて、驚くヒューズ。

ヒューズのあまりの女優漁りに、うんざりするケイト。

そしてケイトは共演したスペンサー・トレイシーとの恋に溺れ、

ケイトとヒューズの恋愛は破綻する。

「私、ある人と出会って恋をしたので、出て行くわ。笑って別れましょう」

ヒューズはケイトと暮らした自分の衣服を全部焼却する。

スペンサー・トレイシーには妻がいて、不倫となるケイト。

ケイトの不倫ゴシップをなぜかヒューズがお金で、もみ消す。

エヴァ・ガードナーとの恋愛が始まる。

世界一高い宝石を送るが、「私を買収する気?」と拒否するエヴァ。

「私はあなたとディナーに行ければいい」と言う。

結婚を申し込むが、断られる。

エヴァ・ガードナーとのデート中に他の恋人とトラブルになる。

嫉妬深いヒューズ。

盗聴器をしかけ、エヴァに激怒されて別れる。

==

飛行機事業に着手、ヒューズ・エアクラフトという会社を立ち上げ、

世界一速い飛行機H-1の開発を始めた。

自ら乗ってテストするほど飛行機を愛しているヒューズ。

飛行機での世界一周の新記録も自ら打ち立てる。

二作目の映画「ならず者」では胸の谷間シーンで映倫と争う。

ヒューズは、パンアメリカン航空と並ぶ大手航空会社であるトランス・ワールド航空(TWA)のオーナーとなる。

第二次世界大戦の開戦後には、政府からの資金を受けて世界最大の輸送機であるH-4を開発する。

さらに偵察機XF-11を開発し、自らテスト飛行するがビバリーヒルズの住宅街に墜落し瀕死の重傷を負う。

墜落シーンはリアルで、セットにはお金がかかっているでしょう。

復帰後、ヒューズを待ち受けていたのは、

開発が遅延していたH-4の開発時における公金の不正使用を疑うFBIの強制捜査だった。

ブリュースター議員がヒューズを公聴会へ召喚する。

戦争中に映画を作り、H-4を完成させずに、政府公金を横領した疑い。

追い詰められたヒューズは、

同じ言葉を執拗に繰り返す等、一般人には理解不可能と思える行動を繰り返す。

ついには衣服を着ることも水に触れることも出来ず部屋に閉じこもり、顔も洗わず髭もそらず全裸のまま暮らし、

排泄は部屋の中で牛乳瓶に、何かに触れるときにはティッシュペーパー越しにでなければ触れられない、

ドアすら開けられなくなり他人との接触を恐怖と感じる等、ヒューズの強迫神経症は深刻化する。

ヒューズは試写室に全裸で引きこもり、

部屋のドアを閉めて他者と会うことすらできない状態にする。

ケイトがドアを叩く。 

スクープもみ消しのお礼をするケイト。

そんな中、ドア越しにパンナム航空のオーナーが株価が下落したヒューズのTWA航空を買いたいと言う。

しかしヒューズは拒否する。

ドアの外に出て復帰したヒューズ。

すると自宅にエヴァが訪ねてきて、公聴会行きを励ます。

再びプロポーズするが、無視するエヴァ。

1947年、公聴会

パンナム航空のヨーロッパ路線独占の利権がからんでいて、

ヒューズは逆にブリュースター議員とパンナム航空の癒着を追及する。

ブリュースター議員との議論にも打ち勝ち、世論を味方につけ、公聴会はヒューズに有利な展開となる。

「飛行機を作るためには自前の大金すらつぎ込む」とヒューズは主張する。

とうとうH-4の試験飛行に成功する。

エヴァとデートするヒューズ。

今度はジェットだと話をしているうちに

「未来への道」と何度も繰り返す症状が出て、重役から部屋に隔離され、

医者を呼ぶことに。

部屋で落ち着いたヒューズは「未来への道」とつぶやく。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line