fc2ブログ

蘇える金狼~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

共立銀行の現金運搬人が射殺されて、1億円が奪われた。

奪ったのは夜間の大学を卒業し、大企業の東和油脂に補欠入社していた松田優作。

経理部に所属している松田優作は、表向き風采のあがらない社員を装っているが、

夜はボクシングジムで鍛練を重ねる裏の顔があった。

その実力は、トレーナーの沢野がチャンピオンになれると断言するほど。

しかし松田優作の企みは東和油脂を乗っ取り、

清水社長の末娘・絵里子をモノにすることにあった。

松田優作は奪った1億円の紙幣ナンバーが控えられていることを知り、

ヘロインに変えようと海神組に接触する。

海神組は松田優作を殺そうとするが逆襲されて、手下のヤクザは射殺される。

脅された海神組の坂本は、市会議員・磯川が麻薬の胴元だと薄情する。

聞き出した松田優作は容赦なく坂本を射殺。

東和油脂の内部事情を入手するため松田優作は、

経理部・小泉部長の愛人である風吹ジュンに、堀田という株屋を装い接近。

海神組組員の死体から麻薬を手にいれていた松田優作は風吹ジュンを麻薬とセックスで籠絡する。

その後松田優作は新聞記者を名乗り、市会議員・磯川との取引を図る。

磯川は取引場所に配下を待ち伏せさせるが、松田優作は難なく全員始末する。

ボディガードを連れて取引場所に現れた磯川は、

取引をした直後に配下を使って松田優作を殺そうとするが、

配下たちは既に始末されていることを松田優作に知らされ、

松田優作はヘロインを手にして悠々とその場を去った。

翌朝東和油脂に出勤した松田優作は、経理次長の金子を秘かに尾行した。

金子次長は千葉真一という男から、銀座のバーの雇われマダムである牧雪子との情事と、

役員らとの横領行為をネタに5千万で脅される。

金子次長は興信所所長の石井に、証拠の収められたネガとテープを奪うよう指示。

一方、松田優作は緊急に役員会議が行われていることを知り、その中身を探る。

役員たちは要求の半額である2500万円でネガとテープを取り返すよう石井に指示。

松田優作は、千葉真一を見張り、

東和油脂が千葉真一へ渡した内金2500万円を強奪した。

松田優作は風吹ジュンを呼び出し、

その後の重役陣の動きをパトロンである小泉部長から聞き出させる。

一方、東和油脂から奪い返されたと激怒した千葉真一は、

清水社長以下重役陣と直接会い、ネガとテープを2億円に値上げすると一方的に通達。

役員らは、石井に千葉真一と雪子を始末するよう命じる。

石井は神戸から呼んだ殺し屋らと共に、

千葉真一と雪子を豊洲の石炭埠頭におびき寄せ殺害。

石井に命じられた国友は清水社長を恐喝し、更なる報酬・1億円を要求。

この話を盗み聞きした松田優作は、

ボクシングジムのトレーナーを装って金子次長に、

松田優作が最近ジムの練習にこなくて会費を滞納している。

ボクシングではチャンピオンクラスだと、それとなく伝える。

金子次長は実際にジムを訪ねて松田優作の実力を確認した後、

清水は重役たちと共に松田優作を呼び出す。

清水は会社のために、重役昇進を条件に、脅している石井一味を始末してほしいと松田優作に依頼。

松田優作は石井と国友を抹殺する。

松田優作は金子次長と共に清水の別荘がある葉山に向かう途中、金子次長から拳銃を突きつけられるが、

簡単に金子次長を撃退してしまう。

松田優作は重役陣に対し、自分を殺そうとした落とし前として東和油脂の株・200万株を要求。

役員らは一旦拒否するが、石井殺しを依頼した様子を録音したテープを聞かせ、

200万株をせしめ、遂に重役に昇進。

松田優作は清水の末娘・絵里子とも交際を始めた。

ランボルギーニ・カウンタックを乗り回し、絵里子とも婚約し、

絶頂に達していた松田優作に鈴本光明が接触を図ってきた。

政財界のドンである鈴本は殺された甥・千葉真一の弔いのために東和油脂を乗っ取ることを宣言。

鈴本は松田優作の200万株を、時価の3倍・24億で買うとオファーしてきた。

さらに鈴本はバックに次期総裁を狙う通産大臣・吉村がいることを伝え、

鈴本たちを敵に回してあがくか、

それともこれを潮時にして金儲けをするか、と松田優作に迫る。

松田優作は24億を、ドルの高額紙幣で用意することを条件に鈴本のオファーを受けた。

そんな頃、風吹ジュンも松田優作が絵里子と婚約したことを知り、

その松田優作が株屋の堀田と同一人物であることを突き止めた。

風吹ジュンは突然、松田優作の自宅を訪れる。

ヘロインでの情報提供に利用されていたことを風吹ジュンは責め、

絵里子と結婚するのかと問い詰めるが、

松田優作は何も答えなかった。

松田優作はトルコ産のヘロインを小泉部長に売りつけた。

完全な麻薬中毒に陥った小泉部長を見た風吹ジュンは、

新たなヘロインを松田優作から購入したことを知り、絶望する。

松田優作は風吹ジュンとの海外逃亡を計画して教会の跡地で風吹ジュンに会うが、

風吹ジュンは松田優作の真意を知らないまま自殺薬を飲んだ後、

松田優作と抱き合う時に、松田優作の腹にナイフを突き刺し、風吹ジュンは息絶えた。

風吹ジュンのために用意した航空券をちぎって死を悼みながらも松田優作は空港に向かい、

致命的な傷によろめきつつも旅客機に搭乗した。

松田優作の異常な様子に気付いた乗務員が心配して声をかけるが、

松田優作は青ざめた顔で意味も分からぬ言葉を口走り、そのまま静かに息絶えた。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line