FC2ブログ

ストックホルムでワルツを~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


スウェーデンの小さな田舎町に両親と5歳の娘と暮らしているシングルマザーのモニカは、

電話交換手の仕事をしながら、深夜バスで首都ストックホルムまで出向き、

ジャズクラブで歌手としてステージに立っていた。

父は娘の歌手の仕事に猛反対をしていた。

モニカの歌を聞いた評論家の誘いからニューヨークで歌うチャンスが与えられる。

トミーフラナガンの演奏で歌うことになるが、ジャズは黒人が歌うものと、米国では途中で歌えなくなる。

憧れの歌手エラ・フィッツジェラルドから“自分らしい歌を歌いなさい”と厳しい批判を受ける。

ニューヨークでの評判はモニカの住む町まで届き、父は皮肉を浴びせ、歌をやめ母親業に専念するよう言い放つ。

落ち込むモニカだったが、ある日バンドのベースを務めるストゥーレの提案で、

母国語(スウェーデン語)でジャズを歌うことを思いつくと、人気を博すようになる。

モニカは映画監督と意気投合、結婚して娘を呼ぶ。

ユーロビジョン・コンテストでスェーデン代表となるがゼロ点評価に落ち込むモニカ。

ベースマン(ストゥーレ)とのキスを夫の監督に目撃される。

口論となり監督は出てゆく。

気の合うベースマンは婚約していた。

モニカには新しい恋人ができるが、彼の浮気現場を目撃して別れる。

流産で倒れたり、アルコール依存症になり施設に入る。

復帰してビルエバンスに売り込む。

送ったデモテープを聞いたビルからお呼びがくる。

二度目のニューヨーク。

公演はスェーデンにも放送され、父が電話で認めるほどの歌手になる。

娘と帰国すると、ベースマンが待っていた。

ベースマンと結婚。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line