FC2ブログ

まぼろしの市街戦(1966)A~戦争ものではない、フランスカルト映画の傑作

maborosinosigaisen2


まぼろしの市街戦(1966)A


大好きなフランス映画です。

20歳の頃に書いた本作の映画感想が見つかったので

訂正なしに掲載します。

最近見た中でも名作ですね。

精神病院の患者たちこそが平和を愛し、人間を愛している正常の人間であり、

精神病院の外で行われた戦闘が異常に思える。

戦争がいかにバカゲタもので、不合理で不条理なもので、

またなんと残酷なのかを

この映画は見事に見せてくれる。

患者たちから王様にさせられた主人公の兵士の、

あのなんと楽しい、ユートピアにいるような楽しい一日。

僕はあの患者たちは戦争を避けて、

わざと患者になったとしか思えない。

そして最後にあの兵士が軍服を脱ぎ去って裸になって、

精神病院の門をたたく、

裸 = 真心 = 平和 そして 白い鳩

僕もこの仲間にはいれるなら、はいりたいくらい。

ユートピアそのもの。

★Wikipediaより

コメディ映画を得意とするフィリップ・ド・ブロカ監督の作品。

明らかにフレンチ・コメディではあるのだが、
ファンタジー映画でもあり、
反戦映画でもある。
派手さはないが、よく考えられたシナリオや見事なディテールで、
B級映画作家・娯楽作品作家というイメージが
強かったブロカ監督および
そのチームが新境地をひらいた作品であり、異色作である。
カルト映画としても有名。

★概要

ドイツとフランス軍がある街で激戦中、

しかし街のはずれにある精神病院では

戦争の気配もしない、患者はいつものように暮らしていて、

戦闘で死傷した兵士を観察しているのだった。



★基本情報

原題:Le Roi de Cœur

監督 フィリップ・ド・ブロカ

脚本 ダニエル・ブーランジェ
フィリップ・ド・ブロカ

出演者
アラン・ベイツ
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド
ピエール・ブラッスール
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 ピエール・ロム

上映時間 102分
製作国 フランス

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

超懐かしいタイトル私は30代に鑑賞、この作品とヒッチコックの「ハリーの災難」を是非ダビングしたいと思ってます

どちら側が正常なのか?楽しい裏にメッセージを込めたルネ・クレールやジャック・フェーデのエスプリを匂わす素敵なコメディの記憶があります

この監督の名前はベルモンドの「リオの男」で知りました

追伸私のフランス男優三羽ガラスは「ジェラール・フィリップ」「アラン・ドロン」「ジャン・ルイ・バロー」です

Re: No title

> 超懐かしいタイトル私は30代に鑑賞、この作品とヒッチコックの「ハリーの災難」を是非ダビングしたいと思ってます
>
> どちら側が正常なのか?楽しい裏にメッセージを込めたルネ・クレールやジャック・フェーデのエスプリを匂わす素敵なコメディの記憶があります
>
> この監督の名前はベルモンドの「リオの男」で知りました
>
> 追伸私のフランス男優三羽ガラスは「ジェラール・フィリップ」「アラン・ドロン」「ジャン・ルイ・バロー」です

リオの男、このベルモンドーの男シリーズ笑えました。
自分の三羽がらすは「ジャン・ルイ・トランティニアン」「ジャン・ポール・ベルモンドー」「イヴ・モンタン か アラン・ドロン?」です。
line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line