FC2ブログ

東京物語~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

尾道に暮らす笠智衆とその妻トミが東京に出掛ける。

東京に暮らす子供たちの家を久方振りに訪ねるのだ。

しかし、長男の幸一も長女の杉村春子も毎日仕事が忙しくて両親をかまってやれない。

長男は医者で、東京を案内する予定だったが、急患になってしまう。

長男の妻は幼い子供がいるので相手できない。

長女の春子は美容院を経営していて休めない。

戦死した次男の妻の原節子はわざわざ仕事を休んで、2人を東京名所の観光に連れて行く。

気が引けた長男と長女は両親に熱海の温泉へ、両親だけで行かせる。

温泉に泊まった二人は隣室の徹夜マージャンの影響で一睡もできない。

不眠の影響で、トミはめまいを起こしてしまう。

一泊して帰ってきた両親に困惑する長女と長男。

長女長男は相手にせず、泊まれない。

なぜ連泊しなかったかと批判する。

笠智衆は「東京に来て宿なしとはな~」と淡々と愚痴を言う。

原節子の所に泊めてもらい帰ることにした。

笠智衆とトミは、子供たちからはあまり温かく接してもらえなかったが、

それでも満足した表情を見せて尾道へ帰った。

途中でトミの具合が悪くなり、大阪で途中下車して休み、尾道に帰る。

両親が帰郷して数日もしないうちに、トミが危篤状態であるとの電報が子供たちの元に届いた。

子供たちが尾道の実家に到着した翌日の未明に、トミは死去した。

トミの葬儀が終わった後、志げは次女の京子に形見の品をよこすよう催促する。

原節子以外の子供たちは、葬儀が終わるとそそくさと帰って行った。

京子は憤慨するが、原節子は義兄姉をかばい若い京子を静かに諭す。

「新しい家族ができるとそちらが中心になるのよ」

原節子が東京に帰る前に、笠智衆は上京した際の原節子の優しさに感謝を表す。

妻の形見だといって時計を渡すと原節子は号泣する。

がらんとした部屋で一人、笠智衆は静かな尾道の海を眺めるのだった。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line