FC2ブログ

ゲルマニウムの夜~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

映画では人物設定が理解できず、解説からひも解くと、

新井浩文は事件を起こし、生まれ育った修道院兼教護院に戻って家畜の世話をしている。

神父の小宮院長(石橋蓮司)は生殖器が好きで、新井や他の若い男の生殖器を味わうのが日課。

とうとう犬の生殖器まで手をつける。

新井は修道女やシスターとのセックスに溺れる。

修道院の前院長:戸川神父(佐藤慶)に新井は懺悔する。

「自分は人を殺した。また、シスターを身ごもらせた」

戸川神父は、「3回神に祈れば、神は許してくださる」と説教。

実際にはシスターをまだ身ごもらせてはいなかったが、

神の許しがあるのだから、これから実行すると告げる新井。

「神や神父は気楽でいい。許しさえすればいいのだから」とつぶやく。

雪の多い修道院の牧場の仕事や、聖職者とのセックスをこなす。

神の声が聞こえるという「ゲルマニウムラジオ」を聞きながら。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line