FC2ブログ

ルー・サロメ-善悪の彼岸~ニーチェら複数男との性生活

.

ルー・サロメ-善悪の彼岸(1977)C


★数行で映画紹介しなければ

哲学者ニーチェと友人パウル、二人の男との性生活をしたルー・サロメ。

ニーチェはサロメに失恋して発狂する。

★ショウトしょうとSHORT

哲学者ニーチェはエロ男で男色の二刀流でドラッグ常習者。

びっくりです。

サロメはニーチャ、リルケ、フロイトその他そうそうたる有名人と浮名を流した女性。


完全あらすじ


★仕入れた情報

1880年、彼女は、チューリッヒ大学で宗教学、哲学、そして芸術史の勉強を始めた。

1882年彼女は、パウル・レーと出会い、彼を介してフリードリッヒ・ニーチェと知り合う。

ニーチェから求婚の申し出があるが、彼女はそれを拒絶した。

のち彼女は同様にライナー・マリア・リルケからの求婚もやはり断っている。

結局、彼女は1887年イラン学者のフリードリッヒ・カール・アンドレアスと結婚している。

彼女はライナー・マリア・リルケと知り合い、

彼とは2度ロシア旅行を共にしている。

1911年、彼女はワイマールで開催された国際精神分析会議に参加した後、

フロイトの下で精神分析の知識を深めようとする。

その後、彼女の夫がゲッティンゲン大学に招聘を受けたため、

そのゲッティンゲンで彼女も精神分析の分析家として開業をする。

彼女はゲッティンゲンで尿毒症により亡くなった。

彼女の広範囲にわたる学問的、文学的名著作は、

20世紀後半に入って初めてその全体が収集、編集、校閲されて出版の運びにいたった。

その文学作品や物語の中で、彼女は、伝統的な世界の中で自分自身の道を歩み始めようとした

近代的な女性たちのさまざまな問題を取り上げている。

========

★基本情報

原題 
BEYOND GOOD AND EVIL
AL DI LA DEL BENE E DEL MALE

監督原案
リリアーナ・カヴァーニ

脚色
リリアーナ・カヴァーニ
フランコ・アルカッリ
イタロ・モスカーティ

キャスト
ドミニク・サンダ
エルランド・ヨセフソン
ロバート・パウエル

上映時間 116分
製作国 イタリア/フランス/西ドイツ
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

何年経過しても名作だと思える映画を探しています。


村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line