FC2ブログ

花よりもなほ~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

江戸時代の元禄15年。

仇討ちに藩が賞金を出していた時代。

主人公は、父の仇討ちのために信州松本から江戸に出てきた若い武士、岡田准一衛門。

広い江戸で父の仇を探すこの男、実は剣の腕にまったく自信がない。

長屋で暮らすが、なかなか仇は見つからずに、

月日がたち、家からの送金もなくなってしまった。

金に困った岡田は寺子屋を開いて長屋連中に読み書きを教える。

==

時代は浅野傷害事件で赤穂藩が断絶になった頃。

一向に仇討ちをしないので岡田は吉良側の間者(スパイ)ではないかと、

長屋にいる赤穂浪士・小野寺十内は疑い、寺坂吉衛門に探りを入れさせます。

岡田の父は松本藩の剣術指南だったからだ。

==

岡田は流れ者に剣の腕を試されて、

剣術が弱いことが、長屋の連中にわかってしまう。

岡田の向かいの家には未亡人・宮沢りえと息子・進之助が住んでいて、

岡田はひそかに宮沢りえに恋心を抱いていた。

==

実は、仇討ちの相手を、岡田は見つけていた。

しかし彼は武士であることをやめて、妻子と幸せな暮らしをしていて、

仇討ちをためらってしまった。

それに、彼と戦っても、自分の剣の腕では返り討ちにあってしまう。

==

いくさが無くなり、平和ボケした元禄時代。

仇討ちなど意味がないと思う者も出てきた頃だ。

忠臣蔵でも仇討ちに参加したのは47名だけ。

宮沢りえとも、さらに親しくなり、まるで夫婦のようになっていた。

年末、大家が長屋の建て替えのために年明けには立ち退くよう命じた。

長屋の連中は皆、困ってしまう。

岡田はある計画を思いつき、長屋の連中とニセの仇討ちをする。

仇討ちは、その頃は珍しいことで、

岡田の件が江戸中の噂となり、

脱落が続く赤穂浪士も吉良邸に討ち入りを決行する。

同じ長屋にいた赤穂浪士・小野寺十内は討ち入りに参加するが、

寺坂吉衛門は、討ち入りに参加せずに、

討ち入りを赤穂に帰って伝える役目を命ぜられたと言い訳をする。

==

宮沢りえと息子・進之助は岡田の仇討ちの息子と親しくなる。

その息子が岡田の寺子屋に通うところで映画は終わる。

おそらく仇討ちを果たした報奨金100万両は岡田に渡り、

大家に報奨金を渡すことで長屋の取り壊しはなくなるのだろう。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line