FC2ブログ

歓びを歌にのせて~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はスウェーデン。

人気指揮者ダニエル・ダレウスは独身。

父母は他界している。

公演で心筋梗塞を起こし舞台で倒れ、一命は取り留めたが、

それを機会に第一線から退いてしまう。

静養先(引退先?)は7歳の時までいた故郷ノールランドの村。

子供の頃にイジメっ子に毎日のようにいじめられた場所。

なぜ?そんな場所に? 極寒の地でもある。 

理由は映画では明らかにされない。

名前は変えているし、村人は知らないはずだとつぶやくダニエル。

転居して、ダニエルはスポーツ店主アーンから教会の聖歌隊への助言を求められる。

聖歌隊に関わる村人たちはそれぞれ不満や悩みを抱えていた。

夫の暴力に苦しむ歌の上手いガブリエラ。

妻子ある男性に騙されて恋愛不信のレナ。

太っていると馬鹿にされるホルムフリッド。

障害のせいで歌わせてもらえないトーレ。

初めは指導をためらっていたダニエルだったが、

音楽の力を信じ、「声を感じあう」という独自の指導を始める。

胃を鍛えるのがポイントで、しばらくは歌わないで体のトレーニング。

レナとダニエルは気があうようになるが、互いに恋愛恐怖症でキス程度。

教会のスティッグ牧師は盗聴をはじめて、二人の関係に警告する。

村の人にも噂は広まる。

村でのコンサートが成功する。

レナとの恋愛に嫌気をさして女性団員が辞める。

アーンが申し込んだインスブルック(オーストリア)のコンクールから招待状が届く。

スティッグ牧師はダニエルを聖歌隊から解雇させる。

二人は清い関係だと、レナは怒って抗議する。 

神父の妻、DV夫のガブリエルらの団員で家出する。

聖歌隊でなくて私設コーラスとしてインスブルックに行くことに。

DV夫がダニエルを殴る。

このDV夫は少年の時にダニエルをいじめた、いじめっ子だった。

神父も怒鳴り込んでくる。

バスでオーストリアへ向かう団員。

オーストリアについて、ダニエルはレナに告白、ベッドイン。

コンクールの発表の時にダニエルは来ない。

会場まで来たが、トイレで倒れてしまう。

団員の発声練習?の声がトイレにあるマイクから聞こえる。

すると観客も立ち上がって、発声する。

それを聞いているダニエル。

幼い記憶がよみがえる。

ダニエルが死んだのか、生きているのか、

監督や作家がよく行う曖昧手法。

「明日のジョー」など、よく多用される。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line