FC2ブログ

ハリーとトント~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はアメリカ

72歳のハリーは、妻に先立たれ3人の子供達も独立しており、

マンハッタンのアパートに、愛猫トントと暮らしていた。

区画整理の為に、アパートから立ち退きとなる。

ハリーは立ち退きに反対して強制排除されて、長男の家へ移り住むことになる。

しかし孫との同室で窮屈を感じるし、長男の妻との折り合いが悪い。

アパートを探すが、ペットがいるのでなかなか見つからない。

ハリーは、娘を尋ねることにして、トントを連れてシカゴへ向かった。

トントといっしょに同席できない、別預かりになるのを嫌って、飛行機に乗れない。

バスに乗るが、猫のトイレで、バスを一時停止させて、

外に放つが、トントは戻らない。

ハリーはバスから放り出される。

それで中古車を買ってシカゴへ行くことにした。

途中でヒッチハイクの若い男女に運転させる。

男は別の車で南に、残った女性とシカゴへ。

しかし彼女は16歳の家出娘。

自分の初恋について話す。が登場する。

初恋の女性はイサドラダンカンと知り合いで、シカゴに行く途中に住んでいた。

それで自宅を訪ねることにした。

介護施設にいることがわかり、50年ぶりに再会。

女性はハリーのことを覚えていない。

娘はシカゴで書店を経営していた。

娘は4度離婚して一人暮らしで、ハリーに仕事をしてと言う。

理由はわからないがカルフォルニアにいる次男を訪ねることに。

ハリーにとって人生初めての西海岸。

ヒッチハイクしながら、健康ビジネスの男、コールガールの女性、

ネイティブアメリカンの老人に会いながら、カルフォルニアに着く。

次男と会うが妻と別れて破産していた。

不憫に思い、家を借りて次男と暮らすことに。

トントの具合が悪くなり死ぬ。

11歳、人間なら77歳。

猫を多数飼っている女性と知り合う。

その女性の猫でトントそっくりの猫に会う。

海岸に行って砂遊びをしている子供を見つめるハリー。

ここで映画は終わる。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line