FC2ブログ

あらしのよるに~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

オオカミとヤギの友情ストーリー

ある嵐の夜、立派に育ったヤギ(メイ)が山小屋に避難した。

そしてオオカミ(ガブ)も同じ山小屋に避難してきた。

真っ暗な闇の中、かぜ気味で鼻の利かない2頭は、

互いの正体を知らないか勘違いしたまま、夜通し語り合い、意気投合する。

そして「あらしのよるに」を合い言葉に、翌日再び会う約束をする。

翌日、互いの意外な正体を知ることになる。

敵対同士のオオカミとヤギだった。

オオカミはヤギを食べたいのを抑えることができて、「秘密の友達」となる。

しかしこの関係は、ヤギとオオカミのお互いの集団にバレてしまう。

お互いのボスは、互いの集団の利益のために、相手方の情報を手に入れてくるように命令する。

情報入手ができない場合は、ヤギ側はメイを追放処分。オオカミ側はガブの処刑。

お互いの友情を守ることを決断した二頭は集団を離れることを決意。

未知の山越えを決意する。

雪中をさまよい、元気がなくなったメイは「自分を食べて」とガブに言う。

メイの食料はない。

このままだと二頭ともに餓死するのだ。

食べることができないガブは避難した雪穴を抜け出す。

運悪く、オオカミの追手と遭遇する。

ガブは必死に戦い、雪崩と起きて、オオカミらはのみこまれる。

吹雪がおさまり、雪穴から抜け出したメイは森を見つける。

これでメイは生きて行けるが、ガブはいない。

ある日ガブが姿を現すが、記憶喪失になって、

メイを今夜の満月にゆっくり味わって食べることにした。

嘆き悲しんだメイは「いっそあのあらしのよるに出会わなければ」と言う。

「あらしのよるに」は、二頭の合言葉でもある。

その言葉がきっかけで、ガブの記憶は戻り、二頭の友情はさらに深まる。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line