fc2ブログ

駆込み女と駆出し男~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

わかりづらい作品で想像部分もあります。

江戸時代

女性の方から離縁はできない時代。

ただひとつ、縁切り寺に駆け込めば、男と離縁ができる。

駆け込み途中で拉致されることもあるので、

女性の下駄だけでも、寺の門に入れば、駆け込みが成立する。

鎌倉にあった尼寺・東慶寺で足掛3年満24か月修行すれば自動的に離縁成立。

これは徳川家康以来の幕府公認システム。

管轄は寺社奉行。

その尼寺に入る前に、寺付近に宿(柏屋)があり、

代々柏屋が駆け込んだ理由を聞き取り、

相手の男を呼び出し、男と話し合いとなるが、呼び出しを拒否すれば、

女性は尼寺に入り、満24か月修行すれば、離縁成立。

聞き取り役は三代目柏屋源兵衛(樹木希林)、

そこへ甥の戯作者に憧れる駆出し医者・大泉洋が訪れる。

大泉は柏屋の仕事や尼寺の医者を務める。

==

★尼寺を潰す

東慶寺を潰すために幕府用人・鳥居耀蔵が密偵女を駆け込みさせる。

なぜか理由はわからないが、三代目柏屋源兵衛(樹木希林)は知っていて、

未然に防止する。

==

★花魁の駆け込み

妹が騙されて吉原に行かされる。

姉は妹を遊女から足抜けさせるために、トリックを使う。

この話よくわからず、困りました。

三代目柏屋源兵衛(樹木希林)も足抜けトリックに関わっているらしく?

そのトリックがセリフからわかりませんでした。

姉が犠牲になったらしく、自ら行方不明になり、

尼寺付近で行商売りをして、妹の様子を伺っていた(??)。

==

駆け込みしてきた三人の女性


★満島ひかり

商人・堤真一の妾だが、離縁のために駆け込む。

駆け込んだ理由がまったくわからずに、それが気になり、本作への興味が失せました。

後半でわかるのですが、満島ひかりは結核。当時は不治の病。

愛する堤に結核をうつしたくない、死に顔を見せたくないのが理由でした。

尼寺で満24か月修行。

その間、寺の別部屋で隔離されていた。

離縁が成立して、寺を出て、最後の望みは「南総里見八犬伝」を読むこと。

読み終えて死ぬ。

堤は破産して出家。

尼寺の周辺で読経の日々を送っていた。

★内山理名

道場主の娘だったが、道場破りに父を殺されて、道場を乗っ取られて、

内山理名はその男の妻にさせられる。

男は尼寺にいる内山理名を取り戻すために、寺に乱入する。

尼寺ではナギナタ、弓矢などの武道稽古をしていているが、

男の撃退ができない。

やっとのことで内山理名が男を殺し、念願の父の仇討ちができた。

★戸田恵梨香

夫がDVで浮気し放題。

駆け込み、大泉洋と仲良くなる。

離縁が成立した戸田に、

大泉がいっしょに長崎に行って医者の勉強をしようと誘う。

戸田は言う。

「もう医者としての能力は十分あるんだし、

戯作を書くネタも集まったんだから、江戸で勝負したら?」

大泉と戸田は「南総里見八犬伝」の原作者滝沢馬琴の家に行き、

高齢の馬琴の世話をすることになる(??)。

どうも戸田の父が?馬琴と知り合いらしい。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line