FC2ブログ

映画「道」をめぐる断章(3)ジェルソミーナはかしこい

michi-machibouke2.jpg

映画「道(1954)」をめぐる断章(3)

ジェルソミーナはかしこい



借りてきた映画「道」DVDに
淀川長治さん解説の特典がありました。
yodonaga.jpg


先生が言います。

「この映画は私がもっとも愛した作品です」

「暗いですね。悲しいです」

「彼女はちょっと頭が悪い。。。」

「彼女の見つめる海と火(焚き火)に象徴されている」


~~~~

淀川長治さんもずいぶん お歳の時の感想です。

年齢を重ねた人には味わい深い作品かもしれません。

暗い、重い映画です。

最近は涙もろくなって、最初にジェルソミーナが

でてきたところでポロポロと涙。

思うに母とダブっている。

個人的な母というのではなくて、全般的な母だと思います。

~~~~~

ある方がジェルソミーナは
頭が悪いのではなくて
かしこいと主張された。


かしこいだろうか?
と思いながら観ていくと 

たしかに、 
ジェルソミーナは賢い。

なぜ白痴とか、ちょっと頭が弱いと映画評論家は言うのだろう?

おそらくキ印が死んでから、彼女が気が変になったことが

印象にあるからだろうか?

誤解されている。

僕が思う彼女が賢い点

1.どこへ行っても同じ、変わらない。

お金で買われた責任を一番重視していて

ザンパーノから離れない。

彼女は自分がわかっている。

すべては自分次第ということがわかっている。

どんなザンパーノの無理難題にも耐えて、

尊重しようとする。

michi-taiko1.jpg


2.最初料理は下手だったが、

最後には上手になっている。

michi-042.jpg


3.未亡人に連れられてザンパーノが奥の部屋に行くと

ジェルソミーナはそのことが何か、すぐ察知する。

絶対に文句は言わない。

michi-jeru2.jpg





映画 道

★基本情報

原題 La Strada

監督 フェデリコ・フェリーニ

脚本
フェデリコ・フェリーニ
エンニオ・フライアーノ
トゥリオ・ピネッリ

製作 カルロ・ポンティ
ディノ・デ・ラウレンティス

出演者
アンソニー・クイン
ジュリエッタ・マシーナ

音楽 ニーノ・ロータ

撮影 オテッロ・マルテッリ

上映時間 104分
製作国 イタリア
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line