fc2ブログ

ふたりの男とひとりの女~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はアメリカ

ジム・キャリーは、ロードアイランド州の善良な警察官。

極度に真面目でお人よしな彼は絶対に激怒しない。

白人妻と結婚したが、産まれた三つ子は黒人だった。

白人同士で黒人の赤ん坊は産まれないはずだが、ジムは妻のためにじっと耐えていた。

そして妻が種元の黒人男性と暮らすことになってしまい、三つ子はジムが育てるはめに。

日々のストレスが積み重なってある日、精神分裂症(二重人格)を発症。

ジムとは正反対の第二人格ハンクが生まれてしまい、

真逆の悪いことばかりする。

症状を抑えるために6時間ごとに薬を服用しなければならなかった。

ジムは、ひき逃げ容疑で署に連行されたレネー・ゼルウィガーを

ニューヨーク州警察まで護送し、そのまま休養を取るよう上司から命じられる。

レネーを無事ニューヨークに送り届けた矢先、

彼女はEPA(環境保護庁)に絡む汚職事件に巻き込まれ、命を狙われることになる。

レネーは汚職の証拠をつかんでいた。

取り調べで連行中に襲われて、逃げ出すレネー。

警察部長がからんでいるので、ジムに助けを求める。

再び襲われるとジムはハンクになっていて、撃退する。

(この一連の格闘シーンは、あまりにお粗末すぎます)

警察部長は、狂ったジムがレネーを誘拐したことにした。

アメリカを逃亡する二人。

指名手配になって、心配するジムの三人息子。

(ジムはハンクになったり、元に戻ったり、無意味なシーンが続く)

居場所がわかった警察は二人を射殺しようとする。

知能指数が高い三人息子は射殺を見事に回避させる。

お決まりの、ジムとレネーは恋愛関係に。

今度は殺し屋が迫ってくるがハンクになって撃退。

再び殺し屋に狙われ、すぐ殺せばいいのに、モタモタしたシーンが続く。

ヘリコプターに乗った三人息子が二人を救出する。

さらに三人息子がFBIに報告して警察部長は逮捕される。

精神分裂病が治ったジムはレネーに言う。

「近いうちに会いに行くから」

「わかった」

帰宅するレネーを途中で検問して停止させる。

ジムが現れて、レネーにキスする。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line