FC2ブログ

太陽~昭和天皇の実像、日本は戦争に負けるはずだ

太陽


太陽(2005)

★ショウトしょうとSHORT


昭和天皇

米英連合国と戦争の時に、

この人が天皇だったことがどうだったか、判断材料になる。

終戦直前・直後の数日間における昭和天皇(裕仁)の苦悩を描く。

意思は強固ではなくて、威厳もない。

自分の主張にも責任を持たない。

優柔不断。

子供のように甘えて皇后に抱かれる天皇
(ぼくちゃん、イイコイイコされて安堵)


イッセイオガタの演技には、いつもながら脱帽。


★映画をみるかぎり

こんな人が第二次世界大戦の日本側のトップだったとは残念だ。

良いところで停戦に持ち込めないし、全面降伏の大敗戦となることはうなづける。

天皇を直接表現するのはタブーな日本映画と違って

ロシア人監督のロシア・イタリア・フランス・スイス合作映画で、

ここまで天皇を、よくぞ描いてくれた(拍手)。

戦争に負けて、租界していた皇后に久々に会い、

子供のように甘えて皇后に抱かれる天皇(ぼくちゃん、イイコイイコされて安堵)

戦時中は地下に隠れて
生物標本をながめることが安らぎで、
ダーウィンの像を机の前において敬愛していた。

★チャップリン

進駐した米兵はひょうきんな天皇を見て

チャップリンそっくりと笑いが絶えなかった。




★基本情報

原題 Солнце

監督 アレクサンドル・ソクーロフ

脚本 ユーリ・アラボフ


出演者
イッセー尾形
ロバート・ドーソン
佐野史郎
桃井かおり


上映時間 115分
日本はカット 110分

製作国 ロシア
イタリア
フランス
スイス
言語 日本語
英語


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line