FC2ブログ

振り子~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1976年、大介とサキは出会った。

サキが不良にからまれた時に助けたのが大介だった。

サキは連絡先を尋ねるが断る大介。

不良仲間のヤラセじゃないようで、サキは大介の後をこっそりつける。

大介の家は八百屋で、それからサキは大介に会いに行くようになる。

大介の将来の夢はバイク屋。

78年
19歳になった大介は、親にサキとの結婚を申し込む。

親は反対するが、二人で説得する。

79年
正月元旦に結婚届を出す。

中古の振り子時計を買う。

時計屋が言う。

「振り子時計は繊細なんだよ。

右、左、動く振り子が正確な時を刻む。

少しでも振り子がバランスを崩すと正確に動かない。

振り子時計は夫婦みたいなもんだ。

共同作業で何年も何十年も時を刻んでいくんだからね」

80年
女の子が産まれる。

85年
夢だったバイク店を開業。

89年
クラスメートのTが中古バイクを20台売り込んできた。

修理すれば販売できると見込んだ大介。

Tから他に買い手がついたので、先にお金を振り込んでくれと言われて、

大介は振り込んでしまった。

Tが謝罪に来る。

社長が持ち逃げ倒産したのだ。

荒れる大介。

1994年
バイク店をたたみ、サラリーマンになる大介。

サキは喫茶店でバイト。

大介は上司にいじめられて、

その憂さや不満を、サキにぶつける。

ちゃぶ台をひっくり返す、DV最低男になってしまう大介。

同僚の女性と親しくなる大介。

飲みつぶれては同僚の女性(愛人)に解放されて、毎日のように朝帰り。

サキは小言も言わずに笑顔で対応する。

大介はリストラされ、愛人も離れていった。

「俺!リストラされた」

「大丈夫よ。娘も働き始めたし。なんとかやってゆける」とサキが言う。

さらに、
「それにしても夫婦っていろいろあるよね。良いことも悪いことも。

知っていた? 

この時計一度も止まったことない。

わたしはね。この家にあるかぎり、この時計は止まらないと思うの。

もし右の振り子に元気がないときでも、

左の振り子ががんばって動けば、その勢いで右にだって動くでしょ。

どっちかが頑張っているかぎり、振り子は絶対に止まらない。

共同作業って! そういうことなんじゃないかなあ。

また! 一からスタートだね」

就職活動をする大介。

飲んで憂さを晴らした大介は帰宅するとサキが倒れている。

(悪いことは重なるので、こういう時こそ健康診断は大切)

脳梗塞になったサキ、早く帰宅していれば助かったかも。

脳梗塞になって時間が立ちすぎたのだ。

早く病院に行けば助かった。

サキの父は大介を罵倒する。

「サキが倒れていた時、酒を飲んでいたのか?」

(罵倒してはゆけない、父として最低の発言だ。
大介に不満をぶつけてはゆけない。そうなる運命なのだ)

寝たきりになったサキ。

意識はあるが、記憶障害になり、じっと一点をみつめるだけ。

記憶障害を直してみせると、大介は懸命に努力する。

思い出の場所を車いすに乗せて、めぐるが、

記憶が戻る奇跡は起こらなかった。


1999年
土方してがんばる大介。

あることを思いつく大介。

元旦の結婚記念日に結婚式を挙げれば思い出すかも。

2000年

元旦に土方の給金で買った7万円のベールを購入して、交差点で信号待ちする大介。

2001年

寝たっきりのサキに、

「俺と出会っていなければ違った人生を送ったかもしれない。ごめんな!」と大介は言う。

(違った人生を送ったかもしれないが、不幸は必ず訪れる)

大阪万博の時にサキが書いた「21世紀にとどける年賀状」が届く。

結婚式で集まった関係者が内容を読む。

そして横には大介の遺影の写真があった。

娘が結婚式を行う。

2000年の元旦に、交差点で大介が待っていると、

花婿めがけてぶつかってくる車を大介が、かばったのだ。

その事故で大介は死んだのだった。

そしてその日はサキの記憶を取り戻すためにウエディングヴェールだけ

買って駆け足で走る大介でもあった。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line