FC2ブログ

マグノリアの花たち 完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はアメリカ合衆国南部の小さな町

物語の中心になるのは庭に大木タイサンボク(マグノリア)のあるサリー・フィールド宅。

サリーの娘ジュリア・ロバーツの結婚式当日。

アネルがトルービィが経営する美容室に訪れて、勤め始める。

サリー宅にある大木マグノリアの葉に多数の小鳥がいる。

夫は鳥のフンがウェディングドレスにつかないように、鉄砲を撃ち、鳥を追い払おうとしている。

その音が町中に鳴り響いてうるさい。

シャーリー・マクレーンがサリー宅を訪ねてきて、

サリーの夫に発砲しないようにクレームしてくる。

シャーリーの犬が神経質になっているからだ。

前町長の未亡人クレリー、サリーとジュリアが美容室に来店してくる。

美容室で、女性らのおしゃべりが花ひらく。

髪を結っている最中にジュリアの糖尿病発作が起きる。

発作がおさまった後に、シャーリーがやってきて、アネルの素性を問い詰める。

犯罪者の夫を持っていることを白状するアネル。

みんなはアネルを温かく迎えて、ジュリアの結婚式に出席させる。

結婚式には動物アルマジロを真似たケーキが出される。

中は血のしたたるようなチョコレート。

==

数年後、ジュリアは妊娠する。

しかし医者は糖尿病で、お産はできないと言われていたので、母サリーは反対する。

糖尿病のために養子ももらえないので、

ジュリアは「産む」と言ってきかない。

==

町の人を呼んでクリスマスパーティーがサリー宅で開かれる。

シャーリーは二度離婚して一人暮らし。

ジュリアが妊娠を発表する。

落ち込むサリーを仲良しの4人が励まし、手を合わせる。

==

手術は成功して、子供ジャックが生れるジュリア。

しかし数年後、倒れてしまい、意識不明になり、逝ってしまう。

葬式が終わり、じっと墓を見ているサリーに、仲良し4人が近づいてくる。

「ジュリアは守護天使になって、いつまでも年をとらないで、私たちを守ってくれるんです」

「ありがとう。悲しみにひたっていては、娘も喜ばないわ。でも心が許さないの」

サリーはやはり心を収めることができず。

「人を殴りたい気分よ」

すると前町長の未亡人クレリーがシャーリーを差し出して、

「さあ、チャンスよ!みんなシャーリーを殴りたいと思っているから」

驚くシャーリーは逃げ出してしまう。

その後、クレリーはシャーリーに謝罪に行って、仲直りする。(ここの演技はお見事!)

==

トルービィは二号店ができて大喜び

クレリーは7歳になったジャックにおとぎ話を聞かせる。

「昔々 ジュリアという美しい女の子と、優しい妖精クレリーがいました。

そしてシャーリーと言う意地悪な魔女がいました」

話が終わって、シャーリーがジャックに会いに行く。

「私!覚えている! シャーリーおば様よ」

するとジャックが泣き出し、シャーリーを叩いて、逃げ出す。

シャーリーにはボーイフレンドができていてデートを楽しむ。

アネルは妊娠していて産まれそう。

仲良し4人組が大騒ぎして病院に運ぶ。

アネルの亭主はバイクで追いかける。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line