FC2ブログ

ゴッドファザー~父親のバイブル、男は油断するな、永遠の2位

.

ゴッドファザー(1972)A


★数行で映画紹介しなければ

舞台はアメリカ

マフィアの抗争に巻き込まれた堅気男の豹変

正編と続編がアカデミー賞作品賞に輝いたのは本作だけ。

★ショウトしょうとSHORT

何度もみても みいりますね。

177分が短く思える不思議な映画です。

「男は絶対に油断しては、ゆけない!」

本作はマフィアのボスの話しだが「父としてどうあるべきか」を

切々と訴えている<父親のバイブル>映画だと思う。

フランシス・フォード・コッポラは本作で有名になります。


完全あらすじ


★永遠の2位


アカデミー賞選考会員が選んだアメリカ映画ベスト100の2位


1位は「市民ケーン」、今観ると古臭いですが、

現代映画にもたらした影響は絶大です。

「市民ケーン」はおそらく永遠に1位であり続けるでしょう。

「ゴッドファーザー」の方が個人的には一位ですが。

さて次は脚本家のモノサシです。


2006年脚本家組合が選んだ「歴代の映画脚本ベスト101」の2位


===========

★ゴッドファーザーは「カサブランカ」と共にアメリカの国宝

アメリカ国立フィルム登録簿で永久保存登録作品になる。


★俺が成功させた

プロデューサーのロバート・エヴァンス

ゴッドファーザーに貢献したのはコッポラ監督でなくて俺だという男。

あくまでエヴァンスが語った映画「くたばれハリウッド(2002)」によるものですが。

今までにないギャング映画をつくるとして

新作「ゴッドファーザー」に全力投球するエヴァンス。

エヴァンスは言う

これまでのギャング映画は、

イタリア出身でないスタッフが作ってきた。

だからなんか味気ない、人間くさくない。

イタリア系スタッフで本物のギャング映画をつくりたい。

周囲が「芸術かぶれの駄作監督」と

バカにするのも構わずイタリア系のコッポラを大抜擢した。

クセのある監督フランシス・フォード・コッポラと戦い続ける日々

エヴァンズから言わせるとコッポラの作るゴッドファーザーは

ヒットできる作品でなかったようだ。

★コッポラを怒らせる

コッポラが最初に編集した

「完璧で一切変えない」と言い張る2時間6分の試写を観て

「最低だ、君は大河ドラマを予告編にした、本編をもってこい!」

と怒鳴ってコッポラを怒らせ、

周囲を敵に回してまで2時間55分の長尺映画にさせた。

なんとかヒットするように作品をもっていったと自慢しているが

コッポラ側から言わせると、元の2時間55分版に戻しただけだ。

★ 「もっと長くしろ!」

「いい脚本こそが映画の命」だと言うエヴァンズは、

「ある愛の詩」と同様に

ゴッドファーザーの草案『マフィア』に目をつけ、

原案者マリオ・プーゾに小説化させて

ベストセラーに育て上げて、じっくり脚本を書かせ、

監督やキャストも選んだのだという。

「もっと長くしろ!」というプロデューサー・エヴァンズ。

短くしろが普通だ。

★コッポラの主張に屈したのは主演の役者。

エヴァンズはロバートレッドフォードだったが、

コッポラはアル・パチーノに固持した。

========

★基本情報

原題 The Godfather

監督
フランシス・フォード・コッポラ

脚本
マリオ・プーゾ
フランシス・フォード・コッポラ

原作
マリオ・プーゾ

製作
ロバート・エヴァンス
アルバート・S・ラディ

出演者
マーロン・ブランド
アル・パチーノ
ジェームズ・カーン
ロバート・デュヴァル

音楽
ニーノ・ロータ

上映時間 177分

製作国 アメリカ合衆国
============

コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com


過去3年、600本からマイベストです。


コで、はじまる非恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1700本~アイウ順索引


恋愛映画以外で5000本~アイウ順索引


村上サガンの出版物

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line