FC2ブログ

ゴッドファザー 完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

第二次世界大戦が終わった1945年ニューヨーク。

イタリア系アメリカ人のコルレオーネ家の家長ドン・ヴィトー(マーロン・ブランド)は

ニューヨーク五大マフィアファミリーのトップ「ゴッドファーザー」であった。

コルレオーネ家を紹介しよう。

ヴィトーの長男はソニー、次男はフレド、三男がマイケル(アル・パチーノ)

長女はコニー、そして養子のように育ったトム(弁護士)。

ソニーとフレドはマフィアだが、マイケルはカタギ(海兵隊大尉)、

トムはファミリーの顧問をしていた。

映画はヴィトーの娘コニーの結婚式から始まる。

祝賀宴が豪勢に行われている間も、ヴィトーは数多い相談事を受ける。

相談内容はマフィア的タスクをしてほしい相談が多い。

ヴィトーは三男マイケルには堅気の生活を送ることを望んでいた。

マイケルにはケイという恋人がいて、披露宴に参加していた。

==

マフィア的タスクのひとつが披露される。

主演男優にジョニーを指名するトム(ヴィトーの顧問)。

監督はそれを拒否した。

その報復として監督の愛馬の生首を監督のベッドに横たえる。

恐怖を覚えた監督はジョニーを主演にする。

==

タッタリアのソロッツォがヴィトーに

「麻薬をやらないか」と申し出がくるが、ヴィトーは拒否する。

ソロッツォが気になって、殺し屋に見張らせるヴィトー。

コルレオーネファミリーと敵対関係にあるタッタリアによって、その殺し屋は殺される。

ヴィトーの取り巻きをタッタリアは上手に遠ざけて、果物屋に入ったヴィトーは撃たれる。

==

新聞を見たマイケルは驚愕する。

ヴィトー・コルレオーネが襲撃され重傷を負った記事が載っていた。

実家にかけつけるマイケル。

ソロッツォはトムを拉致して、ソニーとの手打ち交渉を頼む。

ヴィトーは死ななかった。

コルレオーネファミリーはヴィトーの専属運転手を始末する。

心配になったマイケルは父のいる病室に行くと、誰もいない。

トニーに電話報告してから、マイケルは父を別の病室に移す。

そこへ知人がやってくる。

マイケルと知人は病院の前でガードしているふりをする。

そこへ警察がきて、マイケルを逮捕しようとする。

無人にしたのはソロッツォからワイロをもらった警部だった。

かけつけたトニーが法的に探偵を雇い警護して、警察から文句言わせないようにした。

==

短気な長男ソニーは勝手にタッタリアのナンバー2(長男)を殺してしまう。

ソロッツォはワイロ警部同伴で手打ち交渉を申し出てくる。

マイケルはソロッツォとワイロ警部の二人を殺すことを提案。

了承されて、マイケルに拳銃が渡されて、幹部から殺し方を教わるマイケル。

マイケルは刑務所に入る覚悟である。

マイケルは二人を射殺する。

==

抗争は激化して殺し合いは三か月になった頃、ヴィトーは退院する。

ヴィトーに報告する。

次男は優男でラスベガスでカジノの勉強に行く。

三男マイケルはイタリアに逃亡。

短気な長男ソニーはタッタリアのボスを殺したいと躍起になっている。

結婚した長女コニーが亭主に乱暴したことを聞いて、かっとなったソニーは、

護衛もつけないで飛び出し、高速道路の料金所で、料金を支払おうとした所で

事務員に成りすました殺し屋に射殺された。

長男ソニーの悲報を聞いたヴィトーは五大ファミリーでの手締めをしようとする。

会議が開かれ、麻薬は条件付きで認められた。

ヴィトーは三男マイケルの身の保証を求める。

会議が終わり、タッタリアと手締めしたヴィトーは黒幕がいることに気づく。

黒幕は五大ファミリーの一人バルジーニ。

==

逃亡先イタリアにいるマイケルは、

コルレオーネ村で女性アポロニアに一目ぼれして結婚する。

車の運転を覚えたアポロニアはマイケルの身代わりとなって

車に仕掛けられた爆弾で爆死する。

イタリアから戻ったマイケルはヴィトーの後継となり、

恋人ケイと結婚した。

黒幕バルジーニがじわじわとヴィトーの縄張りに迫ってきていた。

マイケルは起死回生の荒療治を計画するために、トムを遠ざける。

==

マイケルはファミリーをニューヨークから撤退してラスベガスに移る検討のために、

ラスベガスに来てカジノとホテルの買収交渉をする。

相手は落ち目のコルレオーネファミリーよりバルジーニに売ろうと考えていた。

==

「会見を手配してくる奴は裏切り者だぞ。男は油断するな!」

そう言うとヴィトーはマイケルの子供(ヴィトー孫)と遊んでいて、逝ってしまう。

テシオ(コルレオーネの古参)がバルジーニの会談を申し込んできた。

長女コニーが産んだ子供の洗礼式で、ゴッドファーザー(名付け親)になるマイケル。

その間に、5大ファミリーのドンの暗殺計画は進んでいた。

警察官に変装した殺し屋などで、すべてのドンが暗殺された。

会見手配の身内テシオ、長女コニーの亭主も粛清される。

長女コニーがマイケルに「あんたは鬼よ!」と抗議に来る。

妻ケイが聞く「あの話は本当なの?」

「仕事の話に口を出すな! よし!今回だけは質問に答えてやる。嘘だ!」

マイケルに表敬訪問してくるマフィア幹部たち。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line