FC2ブログ

ステラ~号泣します、3度もリメークされた女の意地

.

ステラ(1990)A


★数行で映画紹介しなければ

舞台はアメリカ

女手一つで娘を育てる母の姿と、娘との絆。

娘の幸福のために行方不明になる。

★ショウトしょうとSHORT

何度観ても泣けます。 

3度目のリメーク。
製作者が、この作品が大好きなようです。
僕も同感です。

出てくるセリフがなかなかの名セリフばかり。

ベット・ミドラーいいですね。

見た目は下品な下町の女ながらも、根にはしっかりとしたプライドを持ち、

一心に娘を思う強き母の姿を、ミドラーの持ち味を生かし巧みに表現。

泣かせて笑わせる役者です。


ミドラーの「フォーエバー・フレンズ」も良かった。


シングルマザーをつらぬくのはなぜだろう。

火遊びでつきあってベイビーができた。

男は結婚してくれというのに。

あなたと私は水と油のように違うからシングルマザーを決める。

女のカン?

娘の幸福を思えばどうなんでしょう?

これが女のプライドなんですかね。

先が読める女性なんでしょうね、

ジェーンオースティンのような。

==========

気になったセリフ

つまづいたの

よく母さんが言ってた。

とても良いコだけど妊娠してしまったことを「つまづいた」って

私も良いコだったけど、つまづいたのよ。

=====


男「君の希望は?」

女「部屋いっぱいの風船」


部屋いっぱいの風船を見て

「ウブナ女だったら、これって結婚という意味よね」

「結婚しよう」

「水と油が混ざるわけないでしょう。

 夢は冷めるものよ」

そして3年ぶりに彼が来ると

それまでの他の男とのつきあいを正直に話しておく性分。

====
水に溺れかかっている気分よ、だから

誰かに溺れないように支えていて欲しいの



完全あらすじ


★仕入れた情報

オリーヴ・ヒギンズ・プローティの
1923年の小説『ステラ・ダラス』(Stella Dallas)の3度目の映画化作品。

25年のサイレントと、37年バーバラ・スタンウィック主演の「ステラ・ダラス」。

ハリウッドを代表したプロデューサーのサミュエル・ゴールドウィンお気に入りの原作を、
息子のJrが映画化。

========

★基本情報

原題:STELLA

製作:サミュエル・ゴールドウィン・Jr.

監督:ジョン・アーマン

原作:オリーブ・ヒギンズ・プローティ

脚本:ロバート・ゲッチェル 「ボーイズ・ライフ」


出演:
ベット・ミドラー
トリニ・アルヴァラード
ジョン・グッドマン
スティーブン・コリンズ
マーシャ・メイソン

上映時間 109分

製作国 アメリカ合衆国
============

コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com


過去3年、600本からマイベストです。


スで、はじまる非恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1700本~アイウ順索引


恋愛映画以外で5000本~アイウ順索引


村上サガンの出版物

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line