fc2ブログ

ショーシャンクの空に  完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はアメリカ

1947年、若くして銀行副頭取になったアンディは、

妻と不倫相手を射殺した罪で終身刑となる。

実は無実だったが証拠がなかった。

ショーシャンク刑務所に服役が決まる。

刑務所には長年服役する「調達屋」のモーガン・フリーマンがいた。

アンディら約12名が新人受刑者として入所する。

その夜に夜泣きした新人一人が刑務官に撲殺される。

必ず新人に夜泣きがいて、撲殺されるので、

囚人は誰が夜泣きするのか賭けをするほどだった。

新人アンディは肛門セックスの対象にされ、ホモグループから狙われていた。

誰とも話さないアンディは、やがてモーガンに声をかけ、

鉱物採集の趣味のために小さなロックハンマーを注文する。

ある日複数のホモ囚人に取り囲まれてレイプされそうになったが、

最後まで抵抗をしてレイプは免れたが、常に集団暴行を受ける日々を送るアンディ。

======

1949年、アンディは作業中に、刑務官ハドリーの遺産相続問題を知り、

贈与することで無税になるとアドヴァイスする。

刑務官ハドリーにアンディは一目置かれるようになる。

アンディがホモ集団に襲われて、レイプを拒否して全治1ヶ月の重傷となる。

刑務官ハドリーは実行者(ホモ)を半殺しにして歩けない体にする。

それ以後、アンディを襲う者はいなくなった。

アンディが治療を終え房に戻ってくると、

モーガンに注文していたリタ・ヘイワース(当時のセックスシンボル女優)の

大判ポスターが退院祝いとして置かれていた。

ノートン所長や刑務官達が自身の税務処理や資産運用を行わせるために、

アンディを図書係ブルックスの助手とさせた。

アンディは所長や刑務官の納税相談をこなし、図書の充実をはかるために、

州議会に図書館予算の請求を毎週送るようになるが、予算請求は黙殺されていた。

1954年、ブルックスに仮釈放の許可が下りるが、50年服役した老人は塀の外の生活への恐れから取り乱す。

アンディに説得され、仮釈放を受け入れるが、結局、外の生活になじめず、自殺してしまう。

ブルックスの遺書を読むアンディとモーガン。

刑務所が我が家となっていて、シャバ(塀の外)での生活がつらいと書かれていた。

一方、予算請求に根負けした州議会は少額の寄付金と古書をショーシャンク刑務所に送ってくる。

アンディは送られてきた荷物の中に『フィガロの結婚』のレコードを見つけ、

それを所内放送で流し2週間の懲罰房送りとなる。

その後、仲間達からレコードを流した理由を尋ねられ、

アンディは「音楽と希望は刑務所が奪えないものだ。

心の豊かさを失っちゃダメだ」

「どうして?」

「人間の心は石コロでできているわけじゃない

 心の中にはあるのさ・・

 他人には奪えない物が・・  

 君の心にもね」

「何なんだ? それは」

「希望だよ」


モーガンは「希望は危険だ。希望は正気を失わせる。塀の中では禁物だ」と反論する。

1963年、アンディが州議会にさらに手紙を送り続けた結果、年度毎の予算まで獲得し、

倉庫同然だった図書館は囚人達の娯楽と教養を得る場となっていた。

所長は、囚人達の社会更生を図るという名目で、囚人らを労働力として野外作業をさせ始め、

ピンハネした金や土建業者達からの賄賂を受け取り始める。

アンディは所長の裏帳簿係となり、所長の汚職を手伝う。

「ランドール・スティーブンス」という架空の人物を作り出し、

その多額の不正蓄財を見事に隠して、

所長が引退した時に大金がもらえる、金の浄化システムをつくった。

1965年、新たに入所したコソ泥のトミーは、すぐにモーガンの仲間達と打ち解け、アンディも彼を気に入る。

更生を望むトミーにアンディは文字の読み書きから勉強を教え始め、やがて高校資格を申請するにまで至る。

トミーはアンディの過去を知ると、その真犯人に心当たりがあることを話す。

すぐにアンディは所長に再審請求するように頼み込むが、

優秀な経理担当者と同時に不正蓄財を知っているアンディを自由にさせる気のない所長は、

アンディを懲罰房に入れて、考えを改めるよう迫る。

無実なのに19年も刑務所にいるアンディは1ヶ月経っても改めない。

業を煮やした所長とハドリーは、

アンディの無実の鍵を握るトミーを脱走したように見せかけ殺害する。

トミーの死から1ヶ月後、アンディは再び不正経理を行うことを条件に懲罰房から出される。

アンディはモーガンに話す。

「妻を不倫へ追い込んだのは僕のせいだった。だから僕はここにいる。

妻を殺したようなものだ。

不運というのものは誰かの頭上に舞い降りる。今回は僕の番だった。

油断していたせいかな。いつか出れると思うか?」

「俺かい? もっと老人になった頃だろうな」とモーガンが言う。

「僕が行きたいところはジワタネホだ」

「それはどこだ?」

「メキシコの町だ。僕はそこで余生を送りたい。そして小さなホテルを開業する。

そこは海岸近くだ。客を乗せて釣りに出る」

「ジワタネホか?」

「そういうホテルにはお前のような調達屋がいる」

「俺はシャバじゃ、やってゆけないだろう。外がこわい。ブルックスと同じだ」

「いや! 君はブルックスと違う」

「シャバじゃ、調達屋は必要ない。電話帳一冊で、まにあう」

「とにかく、僕は妻を殺していない。あやまちは十分につぐなった。

ホテルやボートぐらい。それくらいは望んでいいだろう」

「もうそんなことは考えるな。それは夢のまた夢だ」

「選択肢は二つだ。 必死に生きるか 必死に死ぬかだ。

もしお前が仮釈放されたら、バクストンの牧草地へ行ってくれ!」

「牧草地は広いぞ」

「そこに石垣があって、大きな樫の樹が一本立っている。

僕はそこで妻に求婚した。刑務所を出たら、その場所を捜すんだ。

石垣の根元に見慣れない黒い石がある。その下にある」

「何があるんだ?」

「掘り出せばわかる」

モーガンら仲間達はアンディが自殺を考えていると疑い心配する。

翌朝の点呼の際、アンディが房から消えていることが発覚する。

所長やハドリーもアンディの房に向かい、

マリリン・モンローからラクエル・ウェルチへ代替わりしていたポスターの

裏の壁に大穴が開いていることを見つける。

アンディは約20年間ロックハンマーで壁を掘り続け、ついに1966年、脱獄したのだった。

アンディはあの架空人物スティーブンスに成りすまして、

銀行から所長の不正蓄財を引き出すと同時に、

告発状(トミー殺害)を新聞社へ送り、難なくメキシコへ逃亡する。

アンディの告発状によってハドリーは逮捕され、所長は拳銃自殺する。

間もなくモーガンにメキシコから絵葉書が来る。

服役40年目にしてようやく仮釈放されるモーガン、ブルックスと同様に外の生活に順応できない。

モーガンは刑務所へ戻る方法を考えてしまうだけだった。

アンディの伝言を思い出し、バクストンの牧草地に行き、大きな樫の樹に向かう。

その下に黒い石があり、石をとると缶箱を見つける。

中には手紙と現金が入っていた。

「仮釈放おめでとう! 町の名前は憶えているだろう?

僕の仕事を手伝ってほしい。希望はいいものだろう?

希望は永遠に滅びない。待っている」

「頑張って生きるか、頑張って死ぬかだ。その通りだ」とつぶやき、

メキシコに逃亡するモーガン。

ボートを修理しているアンディの元にモーガンがやってくる。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line