FC2ブログ

めし  完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

上原謙(加山雄三の父)と原節子は結婚5年目。
上原謙

東京から大阪に引っ越してくる。

戦後まもない頃、家にある靴が盗まれてしまう。

夫は「めし」と言うだけの生活で、原節子はそんな生活に嫌気をさしていた。

これが子供が産まれれば、そんな贅沢な考えは起こらないだろうに。

そこへ東京から上原謙の姪がやってくる。

縁談相手が気に入らないので、親への反抗の家出だった。

そして姪は上原謙のことが好きだったのだ。

原節子に給仕させて、旅館に滞在しているような姪の態度に、

ますます、こんな生活が嫌になる原節子。

「女が威張れるのは、娘時代だけ」とつぶやく原節子。

姪を東京に帰らせることをきっかけに、原節子も実家に帰ることを決意する。

川崎の実家に戻った原節子はしばらく休養すると、職探しを始める。

仕事はみつからず、

シングルマザーであるクラスメートがプライドを捨てた仕事をしているのに驚く。

夫から手紙もこない。

夫への離縁の手紙を書いてしまう。

数週間経過したのだろうか?

夫が実家にやってくる。

「出張で寄った。いっしょに帰ろう」と夫・上原謙は言う。

「平凡な夫と一緒に幸福を求めながら生きてゆくことが、

私の本当の幸福なのかもしれない。

女の幸福とは、そんなものではないだろうか」

とつぶやく原節子。

帰る車中の窓から、出さなかった手紙を破って捨てる原節子。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line