FC2ブログ

ドニー・ダーコ  完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

マサチューセッツ州に住む高校生ドニー・ダーコは、

ある晩、奇妙な声に導かれてゴルフ場へと向かうと、

銀色のウサギ仮面がいて、

「終わりまであと28日と6時間と42分12秒しかない」とドニーに告げる。

翌朝、ゴルフ場で目覚めたドニーが家に戻ると、

ジェット機からエンジンが外れて落ちて、ドニーの部屋を直撃していた。

ドニーは命拾いした。

またある夜に、ドニーは銀色のウサギ仮面に起こされた。

次の日は水道管の大破裂で洪水となり学校は休校になっていた。

そのためにドニーは転校生と話すことができた。

「僕は、家に火をつけて少年院に入った」と転校生に話すドニー。

ドニーは精神科の治療を受けている。

水道管を壊したのはドニーで、やらせたのはウサギ仮面だった。

現れた銀色のウサギ仮面にたずねるドニー。

「どうして、やらせた?」

「学校が危機にあったからだ」

「どこから来た?」

「タイムトラベルって知っているか」

理科の教師にタイムトラベルについて聞いてみる。

近所に住む老婦人がタイムトラベルの大家ロベルタ・スパローだと教える。

精神科医は、ドニーは統合失調症にかかっていると言う。

ドニーは自己啓発運動の指導者ジム・カニンガムの家を放火する。

統合失調症者がよくやるのが放火だが、

半焼失したジムの部屋から大量の児童ポルノが見つかり、ジムは逮捕される。

終わりの28日目が来た。

ジムが逮捕されたことがきっかけで、

トニーの母が、娘のダンス地方大会に引率することになる。

翌朝便でもいいが、母はドニーが心配で当日の深夜便で帰る。

ドニーは時間がないと言って、

転校生(恋人)を連れて老婦人ロベルタ・スパロー宅の地下室に入る。

(地下室にはタイムマシンがあると思う)

そこには暴漢がいて、格闘していると、

赤い車が猛スピードで突進して、現れた銀色のウサギ仮面をよけるが、

よけたために、倒れていた転校生をひいてしまう。

運転男は言う「フランク! 何をしている?」

ドニーは転校生を蘇生させようとしている。

銀色のウサギ仮面は仮面を脱ぎ捨てていた。

ウサギ仮面は運転男に、

「何をしたんだ。ひいてしまったぞ。死んだのか?」と言う。

ドニーはなぜか拳銃を持っていて、ウサギ仮面に発砲する。

ウサギ仮面は倒れるが、地下室へ戻っていく後姿が映る。

ドニーは運転男に「帰れ!親に何でもないと言え」 

運転男は走り去る。

最後のシーンは

ジェット機のエンジンがドニーの部屋に直撃して、ドニーは死ぬ。

家族は茫然としており、あの転校生は野次馬で見に来る。

==

ドニーは過去に戻って、母と娘と転校生を救うために、

あの日に部屋を出ないでエンジン落下で死ぬことを決意する。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line