FC2ブログ

コクーン  完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はアメリカ

地球に人類が出現する以前にいたアンタレス星人。

アンタレス星に戻る時に、連れ帰ることのできなかった仲間を海中の球体(コクーン=繭)で眠らせていた。

やっと仲間を救出に来たアンタレス星人。

アンタレス星人は平和を望む宇宙人。

人間に変装して、船をチャーター。

コクーンを引き上げては、借りた空き別荘のプールに保管する。

その作業を続けていた。

しかしそのプールは、フロリダの老人ホームで余生を送るアートたち三人組の楽しみの場所だった。

アンタレス星人と親しくなり、プールを使えることになった。

不思議なことが起こる。

プールに入ると、老人たちは元気になり、ガンが治る老人まででてきた。

それで老人ホームの老人が多数押し寄せるようになった。

老人たちを活性化させたのは、コクーンの中の星人を回復させるエネルギーだったのだ。

コクーンにいた星人たちは衰弱し、不死のはずが死者まで出てしまった。

弱った星人たちは宇宙の旅に耐えられない。

アンタレス星人たちは苦渋の決断でコクーンを海中に戻し、迎えの宇宙船を待つことになった。

謝罪するアートや老人たちに、アンタレス星人は、共にアンタレス星に向かい、

地球とは異なる文明を学ぶことを提案した。

星に行けば不死の未来が待っているのだ。

老い先のない老人たちは悩む。

「自然はわれらに不親切だから、逆らってもいいか」と、星行きを決める老人が増える。

老人たちは家族や孫に別れを告げ、財産を処分する。

一人を除いて20名以上の老人が星行きを決める。

老人がいなくなり、老人ホーム側は警察を含めて捜査がはじまる。

老人たちとアンタレス星人の乗った船は警察船に追われながらも、

宇宙船に吸い上げられていく。

地上では船は沈んだと思い、葬式が行われる。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line