fc2ブログ

パイレーツ・ロック~昔ロックは法律で1日45分しか放送できなかった英国と僕のロック論(おまけ)




映画パイレーツ・ロック(2009)



おもしろかったです。

60年代の英国のラジオ放送は

国営放送だけで民放ラジオは認められていない。

ロックの曲は法律で1日45分しか放送できなかった。

海上の船から24時間ロックを流し続けた海賊ラジオ局が

絶大な人気をえたために、

政府は規制しようと動く・・・・

この自由のなさから
真のロック(体制への反抗)は
アメリカでなくてイギリスで生まれたのかもしれません。


========================

流れる曲はハードロックでなく、

60年代の軽いポップ系で、ちょっとモノ足りませんでしたが

エンドロールに

ロックの名盤ジャケットが次から次に登場します。

まず出たのはビートルズ最高傑作アルバム

「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」

でした。 感激!!


★基本情報

パイレーツ・ロック

原題The Boat That Rocked

監督 リチャード・カーティス

脚本 リチャード・カーティス

キャスト
フィリップ・シーモア・ホフマン
トム・スターリッジ
ビル・ナイ
リス・エヴァンス
ニック・フロスト
ウィル・アダムズデイル
トム・ブルック
リス・ダービー
キャサリン・パーキンソン

=============

もしお時間あれば、僕のロック論です。

狭義のロックは英国で生まれたと思っています。


「ロック」はアメリカの黒人がはじめた「ロックンロール」が元で。

「ブルース」のブルーなイメージを取り除いて

明るくパワフルにしたサウンドだと思います。

どの曲からはっきり「ロックンロール」と定義できるかというと、

映画「暴力教室」(1955)で歌われた
『ロック・アラウンド・ザ・クロック』が最初でしょう。

そしてエルビスプレスリーが完全に「ロックンロール」を大衆化した。

その後ザ・ビーチ・ボーイズが登場して発展するが、

彼らの曲はなぜかポップすぎて、ずっしりこない。

ロックのいわゆる毒々しさもない。

僕が思うロックは、まだ登場していないことになる。

映画「スクール・オブ・ロック」(2003)で
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-268.html

ジャックブラックが小学生に、ロックは何かを語っている。

ロックとは大物(権力)への抵抗だそうで、同感です。

「スクール・オブ・ロック」は面白く笑える作品で、

「ロックとは何か?」を講義してくれます。

初心者にも大変親切な内容だと思います。


===

さてジャックブラックやその他評論家も言っていることだが

僕の定義する「ロック」は英国で生まれてしまった。

ビートルズ、アニマルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、キンクス、レッドチェッペリン
クリームといったイギリスのバンドが登場して、アメリカをのみこみ、世界中に広まった。

彼らのサウンドが「ロック」だと思います。

イギリスロックの草分けは「ヤードバーズ」ですが、聞いてもイマイチです。
エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジら
「三大ギタリスト」を輩出したことのみを語られるだけですね。

===

なぜ英国で生まれたかというと

《ロックンロールは死んだ》と言われる現象がアメリカで起こったのです。

プレスリーは兵役につき、その他ロックンロールのミュージシャンがいなくなる。

1960年には、すでにロックンロールのスターたちは誰も表舞台にいない。

アメリカの音楽シーンはポップソングやモータウンソウルが台頭して隆盛となる。

「ロックンロール」はアメリカでは消えてしまったが、

海を越えてイギリスの若者たちの間に飛び火していく。

イギリスのバンドが「ロックンロール」に魂をいれて、

「ロック」として確立したと思います。

「アメリカン・パイ」で、
ドン・マクリーンは
アメリカではロックは死んだと、皮肉をこめて歌っています。

「パイレーツ・ロック」のように、
ロックは危険、不良ソングとして、
政府は海賊放送を取り締まろうとします。
その権力に反抗するために
ロックが抵抗曲として生まれていったのかもしれません。


========

ロックの歴史で必見の曲 

 70年代でロックは死んだ説を信じているものです。

 映画の好みと同じように、かなり好みが偏っています。



<一曲編>

ロック・アラウンド・ザ・クロック(1955)
 ロックンロールの最初で最大のヒット曲

ロック・アンド・ロール・ミュージック(1957)
 チャック・ベリーの曲で
 ビートルズ、ビーチ・ボーイズ、エレクトリック・ライト・オーケストラがカバー

クロスロード(1968)
 クリーム(エリッククラプトン)のブルースロック

パープル・ヘイズ Purple Haze(紫の煙)(1970)
 ジミ・ヘンドリクス(ジミヘン)の名曲
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」
 において第1位史上最高のロックギタリスト

アメリカン・パイ(1971)
 ドン・マクリーン、ロックではないが、もうロックは死んだという強烈な啓示


<アルバム編>

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(1967)
 ビートルズ、ロック史を語る上でも欠かせない記念碑的なアルバム

レッド・ツェッペリン I
 レッド・ツェッペリン、ブルースを基礎としたハード・ロックの進化

クリムゾン・キングの宮殿(1969)
 キング・クリムゾン、プログレッシブ(発展進歩)ロックの名盤

ジギー・スターダスト(1972)
 デヴィッド・ボウイ、ロック・スターの生涯をえがくコンセプトアルバム

狂気(1973)
 ピンク・フロイド、ロック史上でも欠かせない不朽の名盤 かなり哲学的


ディープパープル、ローリングストーンズ、イーグルス、ジャニスジョップリン

・・・・ 話し出したらキリがないので、時間切れとします。

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line