FC2ブログ

17歳(2013)  完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

パリの名門高校に通うイザベル(マリーヌ・ヴァクト)は、

バカンス先でドイツ人青年との初体験を終え、数日後に17歳の誕生日を迎えた。

パリに戻ったイザベルは、SNSを通じて男性とのセックスを重ねる。

そして援助交際の常連に。

料金は300フラン(約26700円)。

そんな中、相手した初老の男が腹上死して、イザベルはその場から逃げる。

防犯カメラから発覚して、警察は親に伝える。

「娘さんの裏の顔は娼婦です」

「17歳よ」

「未成年ですから。被害者として捜査します」

親は悩む。

「精神科に診せよう」

警察の事情聴取を受けるイザベル。

「男に街頭で誘われた」

「まだ続ける?」

「わからない」

「殺されるかもしれ知れない。危険よ」

医者の診察を受ける。

「相手は年上?」

「はい。中年」

「父親と同じような年齢なんだね」

同席した母が言う。

「父と別れて現在は義父と暮らしています」

母は義父を、母の友人は夫を、いつイザベルに誘惑されるかとおびえる。

パーティで同世代の男と知り合い、セックス関係に。

両親にも紹介して自宅でもセックスする仲に。

「もう終わりよ。恋していないから。わたしはこんな性格なの」

定食セックスにあきて娼婦活動を再開。

しかし待ち合わせに来たのは女だった。

しかも腹上死した男の妻(シャーロット・ランプリング)。

「会いたかったわ。私も娼婦には、あこがれるたわ。

 夫と愛し合った部屋に案内して」

部屋に着く。

「脱ぎます?」

「いいえ!」

二人でベッドに横になる。

眠ってしまって、目が覚めたイザベル。

もうシャーロット・ランプリングはいなかった。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line