fc2ブログ

我が道を往く~ア賞7部門、さりげなく教会を再建していく男

.

我が道を往く(1944)A


★数行で映画紹介しなければ

第17回アカデミー賞で作品賞をはじめ、最多7部門を獲得。

ニューヨーク下町にある古びた教会の再建物語

「我が道を往く」が当時流行語に。

★ショウトしょうとSHORT

さりげなく教会を再建していく男です。最後はホロリとさせます。


「めぐり逢い」で個人的に大泣きさせるレオ・マッケリー監督作品です。


本作で レオは最優秀作品賞、監督賞、脚本賞を受賞。

でしゃばらない、奥ゆかしさ、じっくりと、静かに感動してゆきました。 

世界で一番売れた「ホワイトクリスマス」など
歌手としてトップスターのクロスビーが映画に進出し、
アカデミー主演男優賞受賞した作品です。

老神父(バリー・フィッツジェラルド)の演技が見事で。
納得のアカデミー助演男優賞。

「静かなる男」でも彼の演技はいいですね


「作曲家になるか、我が道をゆくか(神父)、ずいぶん悩んだ。
宗教は人の生き方を決めつけないからね」



完全ネタバレ編


★仕入れた情報

レオ・マッケリー原案の物語で、
単に歌が巧くて大根役者だと思われていたビング・クロスビーから良い演技を引き出し、
オスカーを獲らせた。
何のアクションも派手な見せ場もない若い神父と老神父のやりとりを中心に、
物静かな語り口のうまさによって、オスカーを大量に受賞。

========

★基本情報

原題 Going My Way

監督レオ・マッケリー

脚本
レオ・マッケリー
フランク・バトラー
フランク・キャヴェット

原案レオ・マッケリー

出演者
ビング・クロスビー
バリー・フィッツジェラルド

上映時間 130分

製作国 アメリカ合衆国
============

コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com


過去3年、600本からマイベストです。


ワで、はじまる非恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1680本~アイウ順索引


恋愛映画以外で5000本~アイウ順索引


村上サガンの出版物


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line