FC2ブログ

2007年アカデミー賞作品賞で思ったこと 





第80回アカデミー賞作品賞で思ったこと 

ノミネート自体が重要で
最優秀であるかないかは
あまり関係ないと思っています。

作品のできより、最優秀は
アカデミー賞選考会員(約5千名)の
感情に左右されているからです。

交際上手や私生活が一番重要視されるようです。
そして
会員の嫉妬もあるようで
過去のアカデミー賞不思議話しを出しますと

「ET」

大衆娯楽作品だが、万人にウケタのは事実

本作は第55回アカデミー賞で、以下の結果

受賞・・・作曲賞/視覚効果賞/音響賞/音響効果編集賞

ノミネート・・・作品賞/監督賞/脚本賞/撮影賞/編集賞

一人勝ちのスピルバークが敬遠されたのだ。

主要部門はノミノートだけで、

スピルバークは落ち込んだそうだ。

=============

2007年(第80回)作品賞の5作品

        (映画での舞台)

ノーカントリー (アメリカ メキシコ) <最優秀>

つぐない   (イギリス フランス)

JUNO/ジュノ  (アメリカ)

フィクサー  (アメリカ)

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(アメリカ) 


この5作品では、

個人的には「JUNO/ジュノ」ですね。

http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-39.html

「JUNO/ジュノ」は口コミでひろまった映画

ノミネートだけでも奇跡に近いと思う。

未成年のふしだらな妊娠、

中絶だったらノミネートされなかっただろう。

女性から見ると

ムゴイ、母性愛なさすぎが減点でしょう。

====
「フィクサー」

ジョージ・クルーニーは監督及び出演

荒筋を追うだけで観終わってしまいそうな秒速テンポ。 

何度もDVDを戻して筋を確認するが結局、単調な話しだった。

後ろから追いかける車のラストシ~ンはユニークでした。

ジョージ・クルーニー残念票か?

同監督及び出演の「グッドナイト&グッドラック」で
作品賞にはノミネートされたが最優秀を逃している。
その時の最優秀である「クラッシュ」よりは
文句なしの素晴らしい作品だったと思う。
===
「つぐない」

最後にあっと言わせただけで非常に退屈だった。

長すぎる、フランスのシ~ンは余計ですね

監督ジョー・ライトは
「路上のソリスト」でも同じだが、
観客無視の自己満足に走る

http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-239.html

===
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 

油田の採掘の話し目新しい。

過去に「ジャイアンツ」しか記憶ない。

セットの再現力は実に見事だ。

神の冒涜が減点対象だろう。

===
「ノーカントリー」

殺し屋が今までに観たことのないタイプで

一生印象が残り、助演男優賞は納得。

オチもないし、感動皆無の作品。

後半で語った昔話しがアカデミー会員の中高年層に支持され、

監督コーエン兄弟の人気で、最優秀を獲得したのでは?

========

★どうしても観ていただきたい

「グッドナイト&グッドラック」(2005)
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-68.html

赤狩りを阻止した男(ニュースキャスター)

世代に語っていくべき名作だと思います。

赤狩り=ハリウッド映画界の恐怖

アメリカが北朝鮮になりそうになった。

密告だけで裁判もしないで処分された。

多くの映画人が巻き込まれて、
チャップリンは国外追放となる。
追放された脚本家達は匿名で書き、
たまたまアカデミー賞の脚本賞に選ばれたが
呼ばれても誰も壇上に上がらなかったこともある。

何名かの映画人は自殺している。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line