FC2ブログ

リプリー  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1950年代のニューヨーク。

貧しく孤独な青年リプリーは、出向いたパーティで、

借りて着ていたジャケットのために、

大富豪グリーンリーフに、息子と同じプリンストン大学の卒業生と間違われる。

息子はディッキーといい、とっさにディッキーの友人を装ったリプリーは、

グリーンリーフにすっかり気に入られ、地中海で遊び呆けているディッキーを連れ戻すように依頼される。

報酬として千ドルをもらえるのでイタリアに向かう。

ディッキーが大好きなジャズの猛勉強をするリプリー。

イタリアに着いたリプリーは、大学の友人を装いディッキーに近づく。

父親に依頼されて自分を連れ帰ろうとしているリプリーに、はじめは反発していたディッキーだったが、

リプリーがジャズに詳しいことを知ると、周りにいないタイプの人間という物珍しさもあり、

リプリーを連れ回して遊ぶようになる。

豪華で贅沢なバカンスを共に過ごすうちに、

傲慢で身勝手だが魅力的なディッキーにリプリーは憧れ以上の愛情を抱き始める。

リプリーはゲイなのだ。

しかし、リプリーの物珍しさにも飽きたディッキーは徐々にリプリーの存在が疎ましくなる。

ディッキーからショックな言葉で別れを告げられる。

「たかり屋、寄生虫、お前といても退屈で楽しくない。消えろ!」

リプリーは発作的にディッキーを殺してしまう。

ディッキーの死体を海に沈め、ホテルに戻ったリプリーはフロント係にディッキーと間違われたことから、

ディッキーになりすますことを思いつく。

リプリーとディッキーの二重生活を巧みにこなし、悠々自適な生活を続けるリプリーだったが、

ディッキーの旧友フレディが現れ、リプリーを怪しみ出したことから、フレディを事故に見せかけ殺害する。

一方、ニューヨークからの船でディッキーのフリをして知り合った名家の令嬢メレディスと再会したリプリーは、

彼女をエスコートしていた青年ピーターと知り合い、愛し合うようになる。

その後、ディッキーの恋人マージに怪しまれつつも、何とか切り抜ける。

ディッキーが妊娠させた女性が自殺していたが、

そのことをディッキーが殺害したことにした手紙を偽造したのだ。

大富豪グリーンリーフは口封じのために一生暮らせる金をリプリーに与えた。

リプリーは、ピーターと船旅に出る。

しかし、その船でリプリーはメレディスと出会ってしまう。

いまだにリプリーをディッキーと信じているメレディスと、

ピーターを会わせるわけにいかないリプリーは、愛するピーターをも手にかける。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line