fc2ブログ

るろうに剣心京都大火編  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

薩摩藩の暗殺集団で「人斬り抜刀斎」と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。

明治時代になり刀を置き平穏な生活を送っている。

剣心と同じように人斬り役をしていた志々雄真実(藤原竜也)。

秘密封じのために殺害され、全身に大火傷を負ったが、

奇跡的に生きていて、明治政府への復讐を誓う。

政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、

最後の望みとして剣心に白羽の矢が立つ。

志々雄の野心を阻止すべく、剣心は京都へ向かう。

行く手をさえぎったのが志々雄の手下・瀬田宗次郎で。

剣心の逆刃刀を真っ二つにしてしまう。

志々雄は明治政府転覆を狙い仲間を招集。

京都を火の海にする計画を実行しようとする。

剣心はついに京都へたどり着き、

剣心は逆刃刀を作った赤空の最後の刀を手に入れる。

京都警察は志々雄の手下をとらえ、放火の決行日を知る。

決行の日に、志々雄グループと警察及び剣心仲間とのバトルが始まる。

戦いは警察側が優勢となり、志々雄勢の勢いは弱まってきた。

しかし剣心と警察長官・斎藤(元新選組)は違和感を感じる。

何もかもが簡単すぎ、そもそも京都を燃やす目的なら志々雄自身がそれを見たいはず。

なのに志々雄の姿どころか最強の手下・十本刀の姿すら無いのだ。

そして二人は気づいた。

京都大火はただの第一段階に過ぎず、志々雄が歴史をなぞろうとしているのなら、

東京大火を目的としていると。

薫(剣心の恋人)が宗次郎に拉致された。

その姿を見た剣心は宗次郎を追いかけ、その先に巨大な甲鉄船を発見。

この巨船こそ、志々雄一派が身を隠していた隠れ家だった。

剣心はすぐにその船に乗り込むが、人質とされた薫を見せられ、身動きが取れなくなる。

剣心は志々雄と剣を交えるが、志々雄の部下が薫を海原へ蹴り込んでしまう。

剣心は咄嗟に志々雄の刀をかいくぐり、薫を追うように嵐の海原へ飛び込む。

海岸に流れ着いた剣心は謎の男に助けられる。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line