fc2ブログ

頭上の敵機~実話、米空軍初のドイツ白昼爆撃

.

頭上の敵機(1949)A


★数行で映画紹介しなければ

米軍初のドイツ本土白昼爆撃を行う中、

第931爆撃隊は一度の出撃で5機を失うほどの損害を出し、司令官は解任。

あらたに赴任した准将は規律を厳しく順守。

強引なやり方に隊員たちは不満を抱き、全員が異動願いを出す。

実話を基に製作され、爆撃機映画の名作。

★ショウトしょうとSHORT

B29爆撃機に日本は散々にやられましたが、
本作はB17時代の爆撃隊側が描かれています。

爆撃機での戦略定石は興味深く、
羊の群れ理論ですね。

1分の見落としで爆撃目標が狂う。

部下に慕われ、部下をかばうようになった上官は負ける。
戦争は仲良しクラブでは勝てないということですね。

戦闘シーンは全部本物だそうです。


完全ネタバレ編


★仕入れた情報

実話の背景

フランク・サヴェージ准将(グレゴリー・ペック)は複数の航空群司令をモデルにしている。

モデルとなった第306航空群の司令官だった
フランク・A・アームストロング大佐が最も近い存在とされている.

准将がカタロニーに近い戦闘ストレス反応に陥ったのは、
ニュートン・ロングフェロー准将に起こった実話による

プリチャード少将は第8空軍の初代司令、アイラ・エーカーをモデルにしている。

キース・ダヴェンポート大佐はチップというあだ名で呼ばれた第306航空群の初代司令、

チャールズ・B・オーヴァラッカー大佐をモデルとしている。

ダヴェンポート大佐がサヴェージ准将に抗弁し、解任されたシーンもオーヴァラッカーの実話に基づく。

第一次世界大戦に陸軍の飛行機パイロットとして従軍し、

地上職の副官として復職したハーヴィ・ストーヴァル中佐は

第一次大戦の撃墜王で、真珠湾攻撃の翌週に陸軍航空軍中佐として復職した
イギリス駐留の第8空軍の人事部次長となったウィリアム・ホワード・ストーヴァルをモデルにしている。

第8空軍ではストーヴァルは第一次大戦の戦友、カール・スパーツ将軍らと共に勤務している。

マクレニー軍曹は第306航空群に所属していた正規の射撃手で、

時折司令官の運転手を務めていたドナルド・ビーヴァン軍曹がモデル。

ビーヴァン軍曹は爆撃機に忍び込んで射撃を行ったことで有名であり、射撃の名手だった。

========

★基本情報

原題 Twelve O'Clock High

監督ヘンリー・キング

原作脚本
サイ・バートレット
バーン・レイ・Jr

出演者
グレゴリー・ペック
ヒュー・マーロウ
ゲイリー・メリル
ミラード・ミッチェル
ディーン・ジャガー

上映時間 132分

製作国 アメリカ合衆国
============

コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com


過去3年、600本からマイベストです。


スで、はじまる恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1680本~アイウ順索引


恋愛映画以外で5000本~アイウ順索引


村上サガンの出版物

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line