fc2ブログ

エヴァの告白  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1921年のニューヨーク。

ポーランドから移民としてアメリカに入国した敬虔なクリスチャンの女性エヴァは、

同行していた妹マグダが入国審査で結核と診断されて収容所に行かされた。

ニューヨーク在住の叔母からの迎えがなかったために、

強制送還されそうになる。

そんなエヴァを興行師のブルーノが救い出すが、彼は裏で売春を斡旋していたのである。

妹を引き取る金を稼ぐ必要のあったエヴァは、やがて売春婦に身を落とす。

叔母と再会する。何かの手違いでお互いに会えなかったのだ。

売春婦になったことが叔父に伝わり、叔父は怒って国外退去扱いになる。

再びブルーノに助けられて売春婦に。

ブルーノはエヴァに激しく憎まれながらも彼女を深く愛するようになる。

ところが、エヴァがブルーノの従兄弟でマジシャンのオーランドと互いに惹かれ合うようになると、

遊び人でいい加減なオーランドをかねてより毛嫌いしていたブルーノはオーランドと激しく対立していた。

ブルーノは間違って銃が暴発してオーランドを殺してしまう。

エヴァの売春仲間の女は、ブルーノに特別扱いされているエヴァへの憎しみから

警察にエヴァによる犯行だと密告する。

警察に追われるエヴァをかばって警官たちに激しい暴行を受けたブルーノは、

なじみの移民管理局職員を買収してマグダを連れ出し、

エヴァとともに遠くのカルフォルニアに逃がすことにする。

エヴァはブルーノに感謝するが、

ブルーノは、叔父に密告して、エヴァを強制送還されそうになるように仕向けたことを告白し、

自分は感謝に値する人間ではないと懺悔する。

エヴァは泣きながら拳をブルーノを叩きつけながらも「あなたはクズなんかじゃない」と応える。

そして、マグダと再会したエヴァはブルーノの指示通りにニューヨークを後にする。

そんなエヴァをブルーノは物陰から見送ると黙ってその場を後にする。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line