FC2ブログ

家族ゲーム  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

中三の沼田茂之の高校受験を控え、父の孝助、母の千賀子、兄の慎一は心配している。

成績の良い兄と違って、茂之は成績も悪く、何人もの家庭教師がすぐに辞めていた。

そこへ、三流大学の七年生という松田勇作が家庭教師として雇われる。

「次男は問題児だから、気をつけて」と家庭教師に言う父。

父・孝助は松田勇作を車の中に連れて行き、「茂之の成績を上げれば特別金を払おう」と約束する。

「クラスの成績が一つ上がれば一万だ」

「本当ですか、信じていいんですね? 約束ですよ」

松田優作は茂之に国語の勉強からとりかかる。

わからない漢字を書きだせと指示すると、ノートに「夕暮れ」を写経のように書き連ねる茂之。

しばらくして鼻地が出るほど平手打ちする優作。

驚いて母に訴える茂之。

「お母さん! 大丈夫ですよ。興奮しただけですから」

そして夕暮れを書いたノートを見せる優作。

「これは何でしょうか?」

「単なる嫌がらせですよ」

優作をボイコットして書店にいる茂之にプロレス技をかける優作。

喧嘩して寝込んでいる茂之を無理に起こして勉強をさせる。

優作は喧嘩の仕方も教え、茂之の成績は徐々に上がり始める。

茂之は幼馴染みで同級生の土屋にいつもいじめられていたが、

殴り方を習った茂之は、ついにやっつける。

茂之の成績はどんどん上がり、兄と同じAクラスの西武高校の合格ラインを超える。

ところが、茂之はBクラスの神宮高校を志望校として届け出、

両親が怒り、志望校の変更を松田勇作に依頼する。

松田勇作は学校に駆けつけ、茂之を担任の前に連れて行って強引に変更させる。

西武高校に行きたくない理由を慎一に尋ねると、

秘密といって茂之が土屋と同じ高校に行きたくないのは小学生の頃、

授業中に茂之が大便をもらしてしまったことを土屋が知っているからだという。

あまりのバカバカしさに松田勇作と慎一は大笑いする。

喧嘩に負けたことで土屋と茂之は仲直りする。

結局、土屋は私立高校に行くことになり、茂之は西武高校に合格した。

優作は茂之の親代わりのような存在になっていたが、

松田勇作の役目は終わり、祝いをすることになった。

孝肋は最近ヤル気を失くしている慎一の大学受験のための家庭教師になって欲しいと依頼する。

しかし、一流大学の受験生に三流大学の学生が教えられるわけはないと松田勇作は断わる。

慎一は大学に行きたくないと言いだす。

優作はマヨネーズやワインをテーブルにかけ出す。

怒った父は優作をなぐると、逆に殴られて、

優作は母、長男、茂之も平手打ちして、テーブルをひっくり返して帰っていく。

茂之は高校に入っても授業を聞かないで他のことをしている。

部屋に母がいると、ヘリコプターの音が聞こえてきた。

慎一、茂之は昼寝していて、母もうたた寝する。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line