FC2ブログ

アキレスと亀(2008)~真面目に作った作品、売れない画家の自伝




アキレスと亀(2008)


紹介編

北野作品です。


前作まで、ふざけた映画ばかり作っていたので心配してましたが

本作は真面目に作ってますね。

最後まで魅入りました。

売れない画家の自伝

芥川龍之介「地獄変」を彷彿とさせる場面

娘の命より絵師としてのプライドや野心を優先

家族が焼死しようとする家の火事を、助けないでスケッチする。


監督・脚本 北野武

出演者
ビートたけし 樋口可南子 柳憂怜

麻生久美子 中尾彬 大杉漣 伊武雅刀 風祭ゆき





↓ 以降ネタばれ編








ネタばれ編


最後に樋口が「帰ろう」って言うので救われましたね。

娘は死んだが、娘が父にお金をあげるところ,

ホロリとしました。

継母の死んだ顔を絵にするところ、哀れですね。

個人的に麻生久美子の大ファンで、いつもの演技にうっとりです。

チャップリン風の素敵なエンディングでした。

北野さん流の笑いとペーソス、脚本が素晴らしい。

絵画にも長けていますね。


アキレスと亀のパラドックス
僕は頭が悪いんですが、結局はアキレスが追い抜けますよね?
追いつけないんですか?
机上理論ですね。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line