FC2ブログ

エレニの帰郷~ギリシャ難民だった父母を語る

.

エレニの帰郷(2008)F


★数行で映画紹介しなければ

監督がギリシャ難民の父と母について語る。

前半はスターリン時代前後のロシア~50年代

後半はアメリカ、カナダ、ベルリン~70年代から現代

エレニとは、映画監督の母の名

難民の過酷な人生

★ショウトしょうとSHORT

説明が皆無で、あらすじは映画解説書で知るしかありません。

描写主義で、あらすじ無視の映画ですね。

時系列も過去と現在を行ったり来たりでした。

描かれたシーンを約10分観てはDVDを止めて
映画解説書を読んで、あらすじを理解して進めました。

難民にならないようにするには、
政権が常に安定していることだと思います。



完全ネタバレ編


★仕入れた情報

テオ・アンゲロプロス監督による2008年のギリシャ・ドイツ・カナダ・ロシア合作の映画

20世紀3部作の第2部にあたる本作は、2012年に交通事故で死去したアンゲロプロスの遺作となった。

========

★基本情報

原題 The Dust of Time

監督脚本
テオ・アンゲロプロス

出演
ウィレム・デフォー
イレーヌ・ジャコブ
ブルーノ・ガンツ
ミシェル・ピコリ

上映時間127分

製作国ギリシャ 
ドイツ カナダ ロシア

============

コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com


過去3年、600本からマイベストです。


エで、はじまる恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1600本~アイウ順索引


恋愛映画以外でのマイ評価


村上サガンの出版物


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line