FC2ブログ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はアメリカ

ロバート・デ・ニーロはユダヤ移民の子である。

1923年、17歳のデ・ニーロがマックス(ジェームズ・ウッズ)と出会い、

仲間で禁酒法を利用して稼ぐことを覚え、

その金を共同のものとして駅のロッカーに常置しておくことを誓い合った。

パッシィー、コックアイ、年少のドミニク、親が経営するバーを手伝うモー、

デ・ニーロが憧れているモーの妹デボラ(エリザヴェス・マクガヴァン)、

ケーキ1個で誰にでも身体を許してしまうペギー。

ロバート・デ・ニーロの少年時代が描かれているが、大きな試練がやってくる。

地元のやくざバグジーたちの襲撃で仲間のドミニクが殺されてしまったのだ。

怒ったデ・ニーロはバグジーを刺し殺す。刑期は6年だった。

1931年、刑務所から出てきたデ・ニーロも、迎えに来たマックスもすっかり成長していた。

デボラも少女から成熟した美しい娘へと変貌し、デ・ニーロの恋心は再び燃え上がった。

デ・ニーロは再び仲間の仕事をすることになる。

宝石店への強盗だ。

強盗は手順どおり運んだが、店の主人の妻キャロルの意外な抵抗にあい、

デ・ニーロはキャロルをレイプする。

多発する労働争議での用心棒となり、報酬を得るようになる。

デ・ニーロはデボラを口説くために、レストランを貸し切り楽団も雇う。

しかしデボラはハリウッドに行って女優になるという。

幼い頃からの夢を実現するために、明日列車で発つと言う。

デボラを送る車中で、デ・ニーロはデボラをレイプしてしまう。

禁酒法の時代が終わり、次の稼ぐ方法を模索するが、何もない。

マックスは全米一の警備を誇る連邦準備銀行を襲撃する計画を打ち明けた。

デ・ニーロは頑強に反対したが、マックスは言い出したらひき下がらない男だ。

マックスの愛人になっているキャロルは警察に密告して、計画を潰す以外に

命を助ける方法はないとデ・ニーロに懇願した。

デ・ニーロはキャロルの願いを聞き入れ警察に密告する。

1968年、60歳を越したデ・ニーロはベイリー長官(財団の理事長)から招待状をもらう。

長官に会ったこともないが、興味を持ち会いに行く。

ついでにベイリー財団の老人ホームにいるマックスの愛人キャロルを訪問するデ・ニーロ。

キャロルは言う。

「マックスは自殺したかったのよ。

銀行襲撃の時に警察に待ち伏せされて、自ら警察に発砲しだしたの」

財団の創立記念写真をみたデ・ニーロはその中心に座ったデボラを発見する。

「この人は?」

「女優で、この施設の後援者よ」とキャロルが言う。

デ・ニーロは女優として成功しているデボラに会いに行く。

(デボラが50歳以上とは思えない若さに、違和感あり)

「明日のベイリー長官に呼ばれたパーティーに行くべきか迷っている」

「私にはわからないわ」

「長官は何者だ?」

「貧しい移民の子、西部で一旗あげて、政界に進出、奥さんは死んで、奥さんとの間に産まれた息子がいる」

「それは知っている」

「招待状は破って!パーティーには行かないで!」

そこへデボラを訪ねてきたベイリー長官の息子と会う。

息子はマックスそっくりだ。

パーティーに行くデ・ニーロ。

長官はマックスだった。

マックスは恋人デボラも奪い、

警察と内通して、仲間を警官に射殺させたのだ。

すべては、ある組織の計画だった。

2人は会うと、長官から依頼を受けるデ・ニーロ。

「俺を殺してくれ! どっちにしても汚職したので殺されたも同然だ。

もう調査委員会の追及が迫っている。

俺はどちらにしても組織から始末される。

おまえに殺されたら本望だ。

これで貸し借りなしだ」

デ・ニーロはあくまでもマックスと言わない。

殺しを断わるデ・ニーロ。

「これがお前の復讐なのか?」

「違う!俺の考え方だ」とデ・ニーロは言う。

「親友(マックス)の命を救うために俺は密告した。

しかし親友は殺された。本人がそれを望んでいたからだ。いい友情だった。

2人は不運だった。失礼するベイリーさん! 調査で無罪になることを祈っている」

長官宅を後にするデ・ニーロ。

そこに清掃車があらわれて、マックスはそれに飛び込んで自殺した(?)

==

マックスは自殺したのか、逃亡したのか?

監督は観客の想像に任せると言って死んで遺作になった。

一番都合のよいエンドですね。

続編も書ける余韻を残す。

THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line