これから地上波テレビで観れる映画

.
★地上波初登場!

「図書館戦争」(D)

第1作目がテレビ特別編集版で地上波初登場!
マイ感想
表現の自由が奪われた世界で、
本を読む自由のために戦う図書隊の姿を描く。
TBS系(地上波)21:00~

本の焼却映画は「華氏451 (1966年)」が有名ですが。


★Amazonで出版~村上サガン

エッセイ「恋愛映画話そうよ」(第二版)


==========
これから 地上波テレビで観れる映画~東京版(BS放送は除外)

(好み度ABC)

=========
木曜日

「ファイナル・デスティネーション」

全員死亡の飛行機事故から逃れた7人。
だが死は彼らを許さなかった!
(2000年/米).
午後のロードショウ(テレビ東京系列)お昼


「ノー・マーシィ 非情の愛」

男を破滅させる魔性の女(ファム・ファタル)。
女を守る捨て身の男(タフ・ガイ)。
手錠が繋いだ男と女。
組織の魔の手を逃れ、いま官能の逃避行へ。.
ミッドナイトアートシアター(フジテレビ系)深夜

========
金曜日

「シックス・デイ」

シュワルツェネッガー
人間が人間を造り出すことを禁止した6d法が破られた!
(2000年/米).
午後のロードショウ(テレビ東京系列)お昼

=========
土曜日

「ナイト&デイ」(C)

平凡な女性ジューン(キャメロン・ディアス)が空港で出会った、
とびきり笑顔が素敵な男性ロイ(トム・クルーズ)。
しかし、恋の予感は一瞬にして怒涛(どとう)のパニックへと変わり、
ジューンは嵐のような大事件に巻き込まれていく。  
ミステリアスなロイの背後には、巨大な陰謀の影が…。  
しかも、この予測不能で危険なロイと行動を共にすることだけが、
ジューンに残された生き延びる方法だったー。
土曜プレミアム(フジテレビ系)21時~


「トランジット」 

現金輸送車を襲った武装強盗グループは、検問をくぐり抜けるため、
偶然目にした車に奪った現金を隠す。
その後、車に乗っていた家族は犯人グループに執拗に追われることに。.
サタ☆シネ  テレビ東京(地上波)深夜

=========
日曜日


「図書館戦争」(D)

第1作目がテレビ特別編集版で地上波初登場!
マイ感想
表現の自由が奪われた世界で、
本を読む自由のために戦う図書隊の姿を描く。
TBS系(地上波)21:00~

========
月曜日

「ASSASSIN アサシン」

伝説の殺し屋と宿命を背負った国際的暗殺者が激突する
(2012年/米)
午後のロードショウ(テレビ東京系列)お昼


「自由な女神たち」

ポーランドからアメリカに移民したプショーニャック家は8人の大家族。
パン屋を営む父ボレック(ガブリエル・バーン)は、
一家をまとめるしっかり者の妻ヤドヴィガ(レナ・オリン)が
不倫していることに薄々気付いていたが、何も言えずにいた。
一方、美しい娘ハーラ(クレア・デインズ)は夜な夜なこっそり家を抜け出しては、
自由奔放に青春を謳歌していた。
そんなある日、ハーラは若い警官と出会うのだが…。
1997年 アメリカ
映画天国(日本テレビ系)深夜

========
火曜日

「リプレイスメント・キラー」

マフィアの指令に背いた殺し屋は、家族の為組織に牙をむく!
(1998年/米)
午後のロードショウ(テレビ東京系列)お昼

========
水曜日

「アサシン」

誰にも心を許せない孤独な暗殺者。
決して愛を知ってはいけない…
(1993年/米)
午後のロードショウ(テレビ東京系列)お昼

=========
木曜日

「デッドコースター」

大事故から生還した若者を執拗に襲う死の連鎖。
ジェットコースター・ホラー!
(2003年/米)
午後のロードショウ(テレビ東京系列)お昼

=========


番組編成や内容は変更される場合がありますのでご了承ください。

=========

中国食品の安全性の問題は繰り返し指摘されてきた。

2014年7月に明らかになった日本マクドナルドのナゲットに“腐れ肉”が入っていた問題では、

中国当局が「上海福喜食品」の幹部らを逮捕し、その後も「安全アピール」を続けてきた。

が、現在も中国食品の危うさはまったく拭えていない。

厚生労働省の統計によれば、日本は中国から年間400万トンの食品を輸入しており、届出件数で第1位。

重量ベースでもアメリカ、カナダに続く第3位だ。

厚労省が発表する「輸入時における食品衛生法違反事例」を見ると、

今年度(2015年4~8月)は約330件の違反事例があり、

うち62件が中国からの輸入品に関する事例だった。

件数では圧倒的なトップになっている。

具体的に見ていこう。怖いのは、

マクドナルドのケースと同様、加熱するだけでそのまま口に入る可能性の高い「冷凍食品」だ。

「鶏肉の角切りと唐辛子炒め」と「鶏肉とピーマンのオイスター炒め」は、

細菌がそれぞれ1gあたり1300万個と240万個も検出されて、廃棄・積み戻しを命じられた。

「紅こち唐揚げ」、「冷凍ボイルタコ」、「アジフライ」なども同様の理由で

廃棄、積み戻しを命じられている。

それらはすべて製造業者が異なるから、「悪意ある1社だけの問題」とは言えない。

農産物では、
「落花生」から発がん性が指摘されているカビ毒のアフラトキシンが基準値以上検出されたケースが4件あった。

漬物の「刻みたくあん」や「福神漬」からは基準値を超えた量の人工甘味料スクラロースを検出。

「活アサリ」からなぜか除草剤のプロメトリンが検出されるという驚くべき例まであった。

バイオテクノロジーがらみの違反も起きている。

「ビーフン」について、
原料に安全性が未審査の遺伝子組み換え米が使われているとして廃棄・積み戻しの指示が出たのだ。

食品ジャーナリストの郡司和夫氏が警鐘を鳴らす。

「厚労省が発表している違反事例は自主検査やモニタリング検査で発見されるケースが中心で、氷山の一角と言えます。

この他にも多くの違反食品はチェックを潜り抜け、日本の食卓に上っていると見るべきです」

今日も中国からは大量の食品が上陸している。

※SAPIO2015年10月号

==
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line