FC2ブログ

裏街  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はアメリカ

ニューヨークの若い実業家シャルル・ボワイエは婚約者がいた。

そういう時に運命の女性に出会うことがある。

デトロイトでマーガレット・サラバンと会って、2人は一目ぼれして、

会話が止まらないで、入った店で閉店時間まで語り合う。

ニューヨークに帰る日、ボワイエはマーガレットとの結婚を決心する。

船で待つが、マーガレットは好意を寄せる男にだまされて、港へ行けなかった。

やっとのことで、港に着くが、船は出航していて、うらめしそうに船尾を見送るマーガレット。

5年後、2人はニューヨークで、再会する。

たちまち離れられない関係になるが、ボワイエは既に結婚していて、2号さん生活がはじまる。

ボワイエは離婚すると言うが、マーガレットはこのままでいいと言う。

それでも離婚するのが、真の男だと思うが、離婚歴は出世の妨げになるようで、そのままとなる。

2人も愛する女性がいると、出世していくボワイエ。

2号さん生活は待つことが多く、その生活に疲れているときに、幼なじみのカートと再会して、

カートから求婚される。

ボワイエには別れを告げず、黙ってカートと結婚することにして、デトロイトに逃避。

よくある女性の黙って別れるパターン。

運命のイタズラか、ボワイエの行動は故意なのか。

デトロイトで、ボワイエはマーガレットと会ってしまう。

マーガレットは明日結婚すると言う。

ボワイエも納得するが、もう別れたくない2人。

結婚を取りやめて、再び、2号さん生活に。

愛人生活は25年になった。

ボワイエは経済代表として渡欧した。同じ船にマーガレットも乗った。

パリで、ボワイエの息子はマーガレットを訪ね、父と別れるようにいう。

しばらくして、パリのホテルで心臓発作でボワイエは倒れる。

見舞いにすら行けない、マーガレットに、息子を通して、電話させる。

病床でマーガッレトの名前を連呼して死んでしまうボワイエ。

数日後、息子はマーガレットに、ニューヨークに帰る切符を持参する。

マーガレットはすっかり弱っていた。

息子が帰った後に、マーガレットはつぶやく。

「息子さんが優しくしてくれた。

私たちの子供だったかものね。 あの日、船に乗っていたら」

そしてこれまでのことが走馬灯のようにマーガレットの頭に去来する。

映画はここで、終わるが、もしかしたら、これでマーガレットは死んでしまったかも?

THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line