FC2ブログ

理想の女  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1930年

バカンスを過ごしに南イタリアの高級リゾート地アマルフィを訪れた

メグ(スカーレット・ヨハンソン)とロバート(マーク・アンバース)夫妻。

ある日、メグの誕生日プレゼントを探していたロバートは、

骨董屋で、居合わせたアーリン夫人に金の扇を、プレゼントとして、選んでもらった。

アーリン夫人は女ジゴロと浮名を流し、

ニューヨークから、金持ち漁りにアマルフィに来たと噂されていた。

それから毎日のように、アーリン夫人の元を通うロバートが噂になる。

ロバートの友人に、妻メグを紹介すると、

国際的プレイボーイの友人は、メグを口説きにかかる。

友人はロバートの噂と小切手帳にあるアーリン夫人への多額の出資を、

メグに知らせて、「僕の船で駆け落ちしよう」とせまる。

嫉妬に狂ったメグは駆け落ちを決意する。

しかしロバートとアーリン夫人の関係は愛人関係ではなかった。

アーリン夫人は、メグの実の母だったのだ。

メグは孤児院に預けられて、母はロケットペンダントにある写真だけだった。

その写真も色あせていた。

ロバートは真実をメグに知らせようとするが、友人が邪魔をする。

メグの駆け落ちを知ったアーリン夫人は、プロポーズされた初老の男性に頼んで、

駆け落ちする船に長居して、駆け落ちを邪魔する。

メグもアーリン夫人が初老男性にプロポーズされたことを知り、ロバートを疑った自分をいましめる。

アーリン夫人がアマルフィを去る日、メグから相談を受ける。

「ロバートを疑い、駆け落ちしようと思ったことを、ロバートに打ち明けたい」

「自分の苦しみを、他人に、ゆだねてはいけない。

みたくないものから、目をそむけると、落とし穴が待っている」

そう言って、自分が母だと告白しようとするが、

大事にしているロケットペンダントをみて、告白をやめる。

飛行機に乗り込む、アーリン夫人。

近くに初老の男性が乗っていて、再度プロポーズをする。


THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line