FC2ブログ

ニュー・シネマ・パラダイス  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ローマ在住の映画監督サルヴァトーレのもとに故郷の母から電話が来て、

アルフレードが死んだこと告げる。

サルヴァトーレは、昔のことを思い出す。

第二次世界大戦中「トト」と呼ばれていた幼いサルヴァトーレ少年の父は戦争に取られ、

彼はシチリア島の僻地の村で、母と妹と暮らしている。

当時、村のたった一つの娯楽施設は、小さな映画館だった。

ラブシーンは、教会の謹厳な司祭が削除させた。

映画に魅了されたトトは何度も映写室に入り込んで、

そのたび映写技師のアルフレードにつまみ出されていた。

ある事件をきっかけに2人は親しくなり、アルフレードはトトに映写機の操作を教えるようになった。

ある日映画館が火事になり、フィルムを救い出そうとしたアルフレードは、火傷で視力を失った。

やがて父親の戦死が伝えられ、

トトは新しく建て直された映画館「ニュー・シネマ・パラダイス」で、

子供ながら映写技師として働き、家計を支えるようになった。

年月が過ぎ、若者となったトトはムービーカメラを手に入れ、自分でも映画を撮影するようになる。

駅で見かけた美少女エレナとの初恋を経てトトは軍隊に徴兵されるが、

除隊後村に帰ると映写室には別の男が座り、エレナは音信不通となっていた。

落ち込むトトにアルフレードは

「若いのだから外に出て道を探せ、村にいてはいけない、そして帰ってきてはいけない」と言ってきかせる。

「人生はお前が観た映画とは違う、もっと困難なものだ!」。

トトはその言葉に従って列車に乗り、ローマに向け旅立った。

30年後、映画人として成功し初老となったサルヴァトーレはアルフレードの葬儀に出席するため、

年老いた母の待つ故郷の村に帰ってきた。

そこで彼は「新パラダイス座」がすでに閉館し、建物の取り壊しも近いことを知る。

初恋の女性エレナと再会を果たしたサルヴァトーレは、アルフレードが彼に遺した形見を渡される。

ローマに戻ったサルヴァトーレはそのフィルムを映写させる。

かつて幼いトトが、アルフレードから貰い受けて繋ぎ合わせた、

司祭の命令でカットされたラブシーンばかりのフィルムだった。

それを見ながらサルヴァトーレは、映画を愛する気持ちを取り戻すのだった。

THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line