FC2ブログ

マダム・マロリーと魔法のスパイス  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台は南フランスの美しい小さな田舎町。

そこにある日、突然、インド料理店がオープンし、

その町で古くから格式高いレストランを営んできたマダムと騒動を起こすというストーリーです。

インド料理店を開店させたのは、少し前までロンドンでインド料理店を営んでいたインド人の家族。

ロンドンでトラブルに巻き込まれて店を続けられなくなり、

絶望の淵に追い込まれた家族は、家財道具をワゴンに積み込んで、放浪の旅に出ます。

車が故障した南仏の田舎町で、レストランにぴったりな空き家のメゾンと出会います。

「フランス人はインド料理なんか食べないよ」

という家族の反対を押し切り、

「ここで店をやる」

と直感でメゾンンの購入を決める父親。

しかし、そこはミシュランの星を持つ老舗のフレンチ・レストランのお向かいだった。

マダムには、向かいのインド料理店から漂ってくる異国の個性的なスパイスの香りも、

騒々しい民族音楽も、迷惑なものでしかありませんでした。

洗練されていない発展途上国の文化を軽蔑し、

邪魔な新参者を追い出そうと市場の食材を買い占めるなど嫌がらせをするマダム。

インド人一家の中で、もっとも料理が得意な次男ハッサンは、

お向かいのフレンチ・レストランで働く若い女性コックに思いを寄せるようになります。

ハッサンには、子どもの頃から料理上手な母のそばにくっついて母の仕事を見ていたため、

知らず知らずのうちに料理の基礎が身に付いていた。

インド料理に限らず、すべての料理に通じる「基礎の基礎」。

ハッサンはお向かいの女性コックに借りたル・コルドン・ブルーの料理本を見ただけで、

一流シェフも顔負けの料理を作ることが出来てしまう。

ハッサンのその卓越した才能が、いつしかマダムのみぬかれて、フレンチ・レストランのシェフになる。

するとたちまちに、ひとつ星の店を二つ星にしてしまった。

ハッサンがフレンチのソースにスパイスを加えた才能で、二つ星の店にひきぬかれて、

パリの有名店で働くことになる。

「200年来のレシピなのよ」とマダムが目を吊り上げると、

ハッサンは「200年も使えば充分でしょ」と受け流します。

フレンチに、インドテイストを加えて、名シェフになったハッサンだが、

店をやめて、田舎町に帰ってきて、「この店で三ツ星をとりたい:と言う。

いつのまにか、ハッサンは女性コックと、マダムはハッサンの父と、仲良くなってしまう。

THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line