FC2ブログ

贅沢な骨  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ホテトル嬢のミヤコ(麻生久美子)は客におごってもらった鰻の骨が喉に刺さって取れないと言い、

同居人のサキコは鰻の骨が刺さったのなら贅沢な悩みかもしれないと笑う。

2人の生活はミヤコが養っている。

仕事を探そうかというサキコの申し出を、

ミヤコは自分は不感症だから売春の仕事は平気だと言ってはねのける。

ミヤコは新谷と名乗る客の男と出会い、彼とのセックスで初めてオーガズムを体験する。

以後、ミヤコは新谷と個人的に会うようになり、サキコにも紹介する。

ある日、サキコは突発的にマンションの屋上から飛び降りて脚を骨折し入院する。

ミヤコは喉の違和感がいつまでも消えず、咳が止まらなくなるが、診察を受けても喉に異常は無かった。

サキコが退院する頃、ミヤコは新谷を部屋に連れ込んでいて、3人で暮らすようになる。

ミヤコは新谷に、サキコを自分と同じように抱いて欲しいと頼む。

新谷はギターでハンプバックスの曲「トーチソング」を弾くサキコと語らい、家族と不仲であるという彼女の身の上を聞く。

花火の帰りにサキコは3匹の金魚を買い、台所のミキサーを金魚鉢がわりに飼い始める。

2人の距離が縮まる中で、ミヤコは彼らの会話を邪魔したり、新谷との情事をサキコに見せつけようとする。

ミヤコが仕事のふりをして出ていった間に、サキコは父や継母に自分は「汚れている」と言われたことを話す。

新谷は「君は汚れてなんかいない」といい、サキコは彼に抱かれる。

ミヤコは、新谷にサキコを抱くように言ったのは自分だと告白する。

自分に抱かれても「汚れている」という意識を捨てられないサキコを、新谷は嘆く。

「みんな、きたないんだよ」

ミヤコは新谷に詫び、新谷はミヤコたち2人の間に自分は入り込めなかったと述懐し、部屋を後にした。

「あそこは、2人の場所で、俺の場所ではない」

ミヤコの喉の違和感は、まだ消えず、咳が止まらなくなり、

サキコはなんとかミヤコの症状を鎮める。

ミヤコはサキコを好きだと言い、自分でサキコに新谷を差し向けておきながら

嫉妬に苦しんでいたことを告白し、2人は抱き合う。

2人で旅行を計画し始めたある日、ミヤコはサキコに感謝を伝える電話をしたあと、客とホテルの部屋に入る。

その頃、新谷は雑踏でミヤコの声を聞くが、振り返ってもミヤコの姿は無かった。

ミヤコの体が棺の中に横たえられているシーンとなる。

サキコは一人で、火葬されるミヤコを見送り、その喉仏の骨を拾うサキコのモノローグで映画は終わる。


THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line