FC2ブログ

妻の恋人、夫の愛人  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はイギリス

英国を代表する劇作家フィリックスの妻として、3人の子供の母として、

エレナは14年間を完璧にこなしてきたが、夫の浮気によって今や家庭は崩壊寸前。

夫の浮気相手は駆け出しの女優ヒラリーで、新作舞台の大役に抜擢しておきながら

まだ離婚をためらっていた。

そんな時、フィリックスの舞台『ザ・ヒットマン』に主演するために

国際的な映画スターのロビン(ジョン・ボン・ジョヴィ)がロンドン入りした。

色事に関しては天才的なロビンは、たちまちフィリックスとヒラリーの関係を見抜き、

「僕が奥さんを誘惑してあげようか?」と囁く。

一度は拒絶したフィリックスだが、エレナが次第に自分を見失って突飛な行動に出るに及んで、

ついにその申し出を受けた。

パーティの席でエレナと初めて会ったロビンは前もって彼女の趣味嗜好を探り、

その後、何度も偶然を装って再会する。

やがて、ついにロビンに抱かれた妻エレナは、その日から心も外見も前向きに変わった。

ある朝、エレナは夫に離婚を承諾し、計画はまんまと成功。

だが、あまりに幸せそうな妻の姿に逆に罪悪感を募らせたフィリックスはロビンを憎むようになるが、

ロビンはエレナを真剣に愛し始めていた。

舞台初日。楽屋でロビンとヒラリーのキスを見て怒りが頂点に達したフィリックスは、

小道具のピストルをロビン個人の銃とすり替え、大胆にも舞台の上で彼を殺そうとする。

だが、すぐに思い直して後悔したが、銃はモデルガンだったため失敗に終わった。

舞台は大成功を収め、打ち上げパーティーで4人は初めて顔を合わせる。

ロビンは席上、フィリックスの次の仕事となる映画『復讐の囁き』に主演すると宣言し、

さらに自分の協力でエレナが劇作家としてデビューすることを告げた。

ショックの連続で、思わず笑いだすフィリックス。

アカデミー賞発表の夜。プレゼンテーターが

『復讐の囁き』でのロビンの最優秀男優賞を告げた時、彼の隣にはエレナの姿があった。

それをテレビで観ているヒラリーは、

書斎にこもりっぱなしのフィリックスとの生活に早くも孤独を感じ、涙ぐむのだった……。

THE END

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line