FC2ブログ

恋の映画を作ろう  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

90年代大阪

高校生・一哉は喜劇王ハロルド・ロイドやボギーなどの映画狂。

クラスメートらと映画を製作して、町の映画祭に出したいが、お金がない。

あるのは祖父からもらったゼンマイ式の16ミリカメラ。

転校生で恋心を抱く青野晶子に近づく為に、

彼女をヒロインにしたサイレント映画を作る事を思いつく。

晶子に出演依頼をすると、簡単にOKが出る。

ヤクザ親分の息子がクラスメートで、

出演させることで制作資金をえて、撮影は終了する。

映画公開したら、晶子に告白すると、仲間に約束をする一哉。

映画祭主催の会社が倒産して、映画公開はできなくなる。

上映してもらえる映画館を探す一哉。

何軒も回り、「観て、面白かったら、上映する」という館主とめぐりあう。

そしてそこの小さな映画館で上映することになる。

上映が終わり、晶子に告白しようとするが、

晶子はすぐに帰ってしまい、告白のチャンスを逃す。

晶子は父の転勤で、海外に転校することになる。

転校の日、晶子は一哉に抱き付き、お別れをする。

校舎をスクリーンにして映画が上映される。

THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line