FC2ブログ

いつか読書する日  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台は長崎

幼い頃に父と死別し青春時代に母も失った田中裕子は、

未婚のまま故郷の町で50歳を迎え早朝は牛乳配達、昼間はスーパーのレジ係をしている。

彼女には古くからの親の知人(渡辺美佐子)がいるが夫(上田耕一)は認知症の初期にあった。

一方、彼女と交際していた同級生の高梨槐多(岸部一徳)は、
役所の児童課に勤務し親の虐待を受けている児童の保護にあたっている。

彼には余命いくばくもない病床の妻の高梨容子(仁科亜季子)がおり昼はヘルパー、
夜は彼自身が献身的に介護をしている。

二人は青春時代に運命のいたずらで仲を引き裂かれた暗い過去があった。

裕子の母親(鈴木砂羽)と高梨の父親(杉本哲太)が不慮の事故死をとげ不倫関係が世間の明るみとなり、

以降は互いの恋愛感情を封印するのが最善と考え相手を無視しつつ別々の人生を歩んで来た。

しかし裕子はその想いをラジオへ密かに投稿してしまう。

ある日に高梨宅に配達時、牛乳箱に自分宛のメモを見つける。

容子が至急会いたい、らしい。不信に思いつつ訪問する裕子へ、

「夫は今でもあなたを慕っているので私が死んだら夫と一緒になってほしい。

それが最期の願い」と告げる。容子には二人の感情が見えたのだ。

唐突な内容と頼みを受け激しく動転する裕子。

だが、容子は死期を迎えることになった。

葬儀も終え一段落し高梨を誘い、
お互いの親の事故現場を訪れた二人は今までの積年の想いを伝える。

「これまでしたかったことをしたい」

「全部して」

2人は初めて結ばれた。

子供が川で溺れた。 
高梨は子供を助けたが、高梨は溺死する。

親の知人が裕子に、「これからどうするの?」

「これから? 本でも読みます」

THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line