FC2ブログ

クロサワ映画を話そうよ~リアルの追求



クロサワ映画を話そうよ その1


映画ファンで日本人なら

世界の映画関係者に多大なる影響を与えた

クロサワの映画を観ておくべきだと思います。


英映画誌が最も偉大な映画監督トップ100を発表

2004

1.スティーヴン・スピルバーグ監督
2.アルフレッド・ヒッチコック監督  
3.マーティン・スコセッシ監督  
4.スタンリー・キューブリック監督  
5.リドリー・スコット監督  
6.黒澤明監督  
7.ピーター・ジャクソン監督  
8.クエンティン・タランティーノ監督  
9.オーソン・ウェルズ監督  
10.ウディ・アレン監督


クロサワ作品は全部で30本。

好きな理由は、アクション作品だけではない、

心に染み入るヒューマンドラマが作れること。

「生きる」には涙した。

でもクロサワを語る場合は、やはりアクションだろう。

映画への完璧なこだわり、妥協しない頑固さ

映画産業の黄金時代だったから、

豊富に制作費用が出せた時代だったからクロサワ映画は生まれた。

晩年は映画産業斜陽の時代で、金のかかるクロサワは

日本では映画が作れなくなった。

クロサワを師と仰ぐスピルバーグ、ジョージ・ルーカス、

フランシス・フォード・コッポラらの支援でクロサワ映画は作られていく。


★リアルの追求


多くの逸話伝説がある。

1.人が住んでいる家を壊す。

「天国と地獄」

列車が酒匂川の鉄橋にさしかかるシーンの撮影において、

民家の2階部分が邪魔になったため、取り払わせた。


2.常に本物を使う。

刀、射掛ける矢。

「蜘蛛巣城」

矢が多数、本当に射掛けられた。

主演の三船に射かけるのは、弓矢の名手数名。

三船は演技どころではなく、

本当に殺されると思ったそうで

それが迫真のシーンになっている。

三船は死を覚悟して演技できる役者だ。


★三船敏郎

クロサワのこだわりの映画に、ぴったりの俳優が三船敏郎。

クロサワは三船との出会いなくして

映画は、できなかったと言われるほどの逸材の映画俳優である。

つづく

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line